私の所属する福島県プライマリ・ケア鍼灸師育成会では、毎年恒例で「小児科の鍼灸臨床勉強会」を開催しています。
この勉強会では、鍼治療の方法だけでなく、病態把握つまり鍼治療を受けに来た子供さんのどんな具合なのかを医学的に探る方法から、勉強します。

治療のための触診だけでなく、診察方法としての触診。
聴診器、耳鏡などの診察器具を使った実技練習も行ないます。

鍼灸師なら誰もが行なっている病態把握ですが、
こういった基礎からきちっと確認する機会を作って、勉強しています。