じゅらくの砂を専用の接着剤で固めた後は、クロスを貼るだけです。

まず壁紙を大きめに切って、貼ります。

Dscf0066

あまったところを切ります。

Dscf0067

これの繰り返しです。

1日で終えるつもりでしたが、1日半かかりました。

壁紙を貼るのに一番手間がかかるのが、縁の処理です。和室の壁は枠が多いので、思ったより時間がかかりました。

角を切る際に失敗もありました。

Dscf0068

丸くなってます。

しかし、このように

Dscf0073

うまくリカバリーしました。三角形に切って上から貼っただけですが、よく見ないとわからないくらい綺麗に出来ました。

あと、この写真に写っている金具は、以前に紹介したように、ネジがなめて取れませんでしたが、ホームセンターで金属粉を含んだ専用の滑り止めを見つけて、使ってみました。写真がないのですが、無事にはずすことが出来ました。

クロスを貼って壁が綺麗になると、今度は障子が気になりました。

以前に○トリで安いブラインドあったことを覚えていたので、見に行ってみました。

窓は2箇所あり、必要なブラインドのサイズは、およそ幅175cm×高さ120㎝、幅175㎝×高さ180㎝と大きいので、いくら安いニト○でも、結構な値段がするだろうと覚悟して行きました。

売り場で一目見て、「12,900円かー、高いなー」と帰ろうとしましたが、もう一度良く見ると・・・

一桁見間違えていました。1290円です。もう片方のサイズも1690円と異常な安さです(と思うのは私だけ?)。目玉が飛び出ました。

2つで1万円くらいを覚悟していましたが、三分の一の三千円で済みました。

ブラインドの取り付けも終わり、治療室が見違えました。

まずbefore

Dscf0061 Dscf0062 Dscf0063

茶色で暗ーい感じです。

after

Dscf0076_2 Dscf0077 Dscf0078

真っ白に輝いています。

ブラインドも真っ白に輝いています。

Dscf0079 Dscf0080

こんなに変わるとは・・・自分でも驚いています。

家中に壁紙貼っちゃおうかなって思っています。

ひとつだけご注意!

来院される際はサングラスを忘れずにお持ち下さい。

・・・まぶしいので。