9月20日(日)開成山陸上競技場で行われた全国障害者スポーツ大会の福島県代表選手練習会に鍼灸ボランティア治療として参加してきました。先月に引き続き2回目の参加です。

Dscn0421_2

今回の参加は、

後列の左から、一寸法師ハリ治療院(郡山市)の中沢先生、学生(国際メディカルテクノロージー専門学校)の斎藤さん、一寸法師ハリ治療院の田村龍先生、国際メディカルテクノロジーの教員の益子勝良先生、健愛はりきゅう治療院(いわき市)、手前は、右が心和堂はりきゅう院(本宮市)の矢吹淳先生、左が私です。

このボランティア治療は、中沢先生と矢吹先生が中心となって何年も前から続けられており、鍼灸治療により選手の方々の活動をサポートしています。

私にとっては、ベテランの先生方の治療を見せていただいたり、選手の治療を通じて、勉強させて貰う貴重な経験の場となっています。

勉強させてもらって得るものは大きいのですが、まだまだ私の治療が選手の方々のためになっているとは言いがたいので・・・、今はたくさん勉強させてもらって、経験を蓄積し、はやく勉強したことや経験したことを活かしたいと思って頑張っています。

Dscn4165

ところで、

今回ブログに掲載した写真は、中沢先生に撮っていただいたものです。私のブログで紹介するボランティア治療や学会参加の写真はほとんど他の先生方に頂いたものばかりです。

私は普段写真を撮らないので、必要なときもデジカメを忘れたり、バッテリーが切れていたりと準備が悪く、自分で撮影した写真はほとんどありません。

人様に頂いた写真ばかりでブログを作っていては情けないですね。これからは少し気合を入れて写真を撮ろうと思います。

このボランティア治療は、今回が今年最後の活動になりました。来年の活動では、他の先生方の治療の様子を私が撮影した格好良い写真で紹介したいと思います。

来年のボランティア治療に間に合うように、カメラの腕を磨いていきます!