Dscf0012

介護予防運動指導員の試験が終わって約2ヶ月が経ち、やっと登録証が届きました。
なかなか結果が分からなかったので、受講した先生方と一緒に「もしかして全員落ちたのでは?」と不安になっていましたが、合格が分かりほっと胸をなでおろしました。

介護予防とは「高齢者ができる限り要介護状態に陥ることなく、健康で生き生きした生活を送れるように支援すること」です。介護予防運動指導員は、そのための知識・技能を修得しています。

高齢者の寝たきりを防ぐにはどうすれば良いか?
健康で長生きする高齢者は、どんな食生活をしているのか?
転倒・骨折による寝たきりを防ぐためには、どんな運動をすればよいのか?
高齢者の身体機能を把握する有効な方法はどんなものか?

高齢者が健康で生き生きした生活を送れることは、高齢者本人のためだけでなく、高齢者の家族など周囲で支える人達のためにもなります。健康で生き生きした生活を送る高齢者が増えることは社会に活力を与えることにもつながります。

これからは、地域の高齢者が健康でいきいきした生活を送れるように、介護予防運動指導員として身に付けた知識・技能を実践していきたいと思います。

はりきゅう今泉治療院のウェブサイトへ