先週末から、郡山は冷え込んでいます。
今日の朝は、日陰の水たまりに氷が張っていました。
最近の12月には珍しい冷え込みです。

そんな寒い中、土日の二日間は学びの場へ足を運びました。

Studying...

土曜日は、理学療法士や柔道整復師を対象として企画された講座へ参加して、鍼灸師があまり深く学ぶことのない機能解剖学について勉強しました。知っていると疾患の見方、治療の考え方が変わるだろうと期待して参加を決めた講座です。何の分野でもそうですが、コツコツ小さい学びを積み重ねて初めて実践できるものです。やはり地道に知識を蓄えねばと再確認しました。

日曜日は、全日本鍼灸学会の講座に参加しました。期待通り充実した講義で「不眠」と「うつ病」について学びを深められました。また、鍼灸師がEBMをどう扱うべきか・どう向き合うべきかの話があり、これは聞いたことのない貴重な考え方でした(これまでは聞いても右から左だったのかも・・・)。ここで聞いた考え方が今後の学びの方向性を決めるかもしれません。参加してよかったです。

※両日とも、夕方は治療院に戻って診療でした。
土日祝日診療の当院ですが、診療時間の一部を研修にあてさせていただきました。
皆さんにはご理解ご協力ありがとうございます。
学んだ内容は診療技能向上へ生かしていきます。