玄関の手ぬぐいを梅雨から真夏へ変えました。
これ手ぬぐいなんですが、額に入れると立派なもんです。

Exif_JPEG_PICTURE

花火大会といえば全国的には8月が時期なのでしょうが、
郡山っ子にとっては花火大会といったら7月末日です。
いまはなき開成山の花火大会が7月末でした。
もうやってないのに、7月といったら花火大会が頭に浮かびます。

今年も暑さが厳しそうです。
こんな風にだらけて暮らしたいですねぇ。

Exif_JPEG_PICTURE

 

江戸時代の庶民は、実際こうやって夏を乗り切ったそうです。
そう、昼間っからこうしてたらしいです。
杉浦日向子さんが仰ってました。
↓↓↓

一日江戸人(杉浦日向子 著/新潮文庫)