9月5日(土)と9月6日(日)の二日間、宮城県の松島町で開催された第43回東北鍼灸学会学術大会に参加してきました。

東北鍼灸学会は、東北各県から鍼灸師が集まり、学術の研鑽と情報交換を行う場となっています。

今回のテーマは『Woman’s Acupuncture』で、女性の鍼灸師ならではの取り組みや、女性特有の疾患など、女性が鍼灸師が増加している最近の傾向を意識した内容でした。

私は、生江鍼灸治療院の生江毅先生の実技発表を少しだけ手伝いました。

Dscn4145

奥で説明している男性が生江先生です。隣でスケッチブックを持っているのが私です。

実技発表の内容は、「美容鍼灸の実際」でした。ご覧のようにたくさんの見学者が集まっていました。

女性鍼灸師の増加や、美容鍼灸など新しい技術が生れることなど、これまでと違う新しい流れは、鍼灸が広く世の中に認知されることにつながっていくと思います。

学術大会は、日曜日の午前中に終了したので、午後は少し松島観光をしてきました。

生江先生のコーディネートのおかげで、学術・観光共に充実した2日間でした。

ありがとうございました。