8月23日(日)に福島市のあづま陸上競技場で、全国障害者スポーツ大会の福島県代表選手練習会に、鍼灸ボランティア治療として参加してきました。

この鍼灸ボランティア治療では、毎年この時期に、福島県内の有志の先生方が集まり、全国大会に向けて練習する選手をサポートしています。

学生時代にも数回参加しましたが、治療院を開業してからは、今回がはじめての参加です。

今回、先輩鍼灸師の先生方にサポートしていただきながら、私は膝を打撲した選手の治療を行いました。打撲に対して初心鍼灸師が思いつくのはRICEですが、RICE+鍼が思った以上の効果で少し驚きました。

Dscn0382_2 

先輩鍼灸師の先生方と一緒に行う治療では、普段受けられないようなアドバイスやご指導を頂き、たいへん勉強になります。今回の打撲の治療も、一人の治療では出来なかったことです。

今回参加された先生方です。

Dscf0017

下の段は左から順に、心和堂はりきゅう院(本宮市)の矢吹淳先生、国際メディカルテクノロジー専門学校の斎藤さん、一寸法師ハリ治療院(郡山市)の中沢良平先生です。

上の段は左から順に、健愛はりきゅう治療院(いわき市)の草野賢一先生、私、資格取得後に教員養成課程で進んだ高橋知倫先生、てるてるぼうず はり・きゅう・指圧治療院(郡山市)の遠藤賢一先生です。

今後もこのような活動に継続的に参加し、たくさんの方々に鍼灸治療を体験して頂くと共に、私自身も勉強していきたいと思います。