2週間ぶりにビッグパレットふくしまでのボランティア治療を行いました。
先週は流行性胃腸炎の蔓延で治療を実施できませんでした。

今日は午後から数時間のみの治療でしたが、
我々を待ちわびている方々がいらっしゃいました。

エコノミークラス症候群予防の治療のため、
新たにエアーマッサージ器を持ち込みました。

今日の参加は、流行性胃腸炎の状況を見ながらでしたので、
少人数でのボランティア治療となりました。

20110417

中央が一寸法師ハリ治療院(郡山市安積町荒井)の中沢良平先生、
右がてるてるぼうずはり・きゅう・指圧治療院(郡山市喜久田町)の遠藤賢一先生です。
(株)カナケン郡山営業所の岩村所長(左)も駆けつけて下さいました。
カナケンさんには、今回のボランティア治療に際し、治療資材などでご協力いただいています。

我々に出来ることで、少しでも避難している方々に少しでも元気を取り戻して頂きたいと思います。