鍼灸の効果

  • HOME »
  • 鍼灸の効果

運動器疾患

運動器疾患とは、筋肉や関節の痛み、「ジンジン」「ピリピリ」といったシビレなどの症状を引き起こす病気やケガの仲間です。病院を受診する際は整形外科を選択するような症状のことです。

鍼灸が効果的な場合がとても多く、当院でも約半数の患者さんが上記のような症状で来院されます。

腰痛、肩痛、膝痛が鍼灸で改善することは広く知られていますが、他にも鍼灸が効果的な症状があります。

詳しくは運動器疾患のページを御覧ください。

運動器疾患

さらに具体的な内容はこちらです。
腕から手の神経痛肩関節痛肘の痛み、手首や指の症状腰痛下肢の神経痛・神経麻痺膝痛その他の下肢の症状 へ

頭顔面部(耳鼻科疾患を含む)

以下のような、頭や顔の病気・症状にも鍼灸は効果的です。

突然耳が聞こえにくくなり、耳鳴りや耳が詰まったような症状をもたらす突発性難聴
病気のウイルスで顔の筋肉を動かす神経が侵され、顔の片側の表情が動かなくなる顔面神経麻痺
肩こりや目の疲れから起きる緊張型頭痛
「ズキズキ」と脈うつような比較的強い痛みで、仕事や生活に支障が出ることもある片頭痛
頭皮にピリピリした痛みを生じる後頭神経痛
首の不具合により生じる頸性めまい
体のバランスを調整する耳の奥の器官の不調で生じるメニエール病などの回転性めまい
自律神経失調症と診断を受けている方にも多く生じているめまい

詳しくは頭顔面部の症状のページを御覧ください。

頭顔面部の症状

産婦人科

不妊症の専門病院で人工授精や体外受精を受けている方々の鍼灸治療も行っています。

生理周期とともに訪れる生理痛などの症状も鍼灸治療で緩和します。

妊娠中に腰が痛くなる方も多いですが、鍼灸治療は妊娠中にもできますし、妊娠中の腰痛に効果的です。

詳しくは産婦人科疾患のページを御覧ください。

産婦人科疾患

※不妊症治療に関しては、別のサイトを設けて解説しています。

鍼灸による不妊治療の概要

消化器系・皮膚科・その他

鍼灸は胃腸の働きを改善する作用があり、胃腸の働きに不具合が出る病気に有効な場合があります。
具体的には、機能性胃腸症、過敏性腸症候群があります。定期的な治療をある程度長期に続けると、症状が改善します。

魚の目、円形脱毛症、アトピー性皮膚炎といった皮膚科の病気も鍼灸で治療可能です。

それ以外の症状も含めて、詳しくは消化器・皮膚科・その他の症状のページを御覧ください。

消化器系・皮膚科・その他の症状

当日予約も受付/県外からは℡024-973-5048 TEL 0120-913-728 web予約も可能

PAGETOP
Copyright © はりきゅう今泉治療院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.