顔面神経麻痺

顔面神経麻痺とは、顔の表情筋・涙腺・耳小骨筋・舌の味覚の一部・唾液腺を司る顔面神経の神経障害により、表情筋の麻痺・涙の分泌不良・聴覚過敏(まれ)・味覚の障害をきたす疾患です。

顔面神経麻痺の原因となる疾患

顔面神経麻痺の原因は中枢性と末梢性の大きく2つに分けられます。中枢性麻痺は脳卒中などの脳の病気が原因です。末梢性麻痺には、70%がベル麻痺、20%がラムゼイハント症候群が占め、他にも原因となる疾患があります。

《末梢性顔面神経麻痺をきたす疾患》
ベル麻痺 ラムゼイハント症候群 真珠腫性中耳炎 耳下腺悪性腫瘍 側頭骨骨折などの外傷 手術による損傷 白血病やサルコイドーシスなどの全身疾患

ベル麻痺

原因不明の顔面神経麻痺をベル麻痺と呼びますが、近年、多くが単純性ヘルペスウイルスの再活性化に起因することが分かっています。また、一部は水痘・帯状疱疹ウイルスの再活性化によるものも含まれていることも明らかになっています。単純性ヘルペスウイルスや水痘・帯状疱疹ウイルスは、感染して治癒した後も神経の中に潜伏する性質があり、抵抗力が衰えた際に再び活性化して感染を引き起こし、神経を圧迫・絞扼して麻痺を引き起こします。ある日突然、片側の表情筋が動かなくなることが主な症状ですが、片側の味覚障害、眼球乾燥、聴覚過敏を感じることもあります。

ラムゼイハント症候群

水痘帯状疱疹ウイルスの再活性化による顔面神経麻痺をラムゼイハント症候群といいます。症状は、突然発症する顔面神経麻痺、外耳道や耳介の発疹です。発疹には痛みを伴います。ウイルスが内耳まで障害した場合には、内耳性難聴や回転性めまいを来します。

一般医療における治療

薬物治療:副腎皮質ステロイド、抗ヘルペス薬、ATP製剤、ビタミンB12製剤、プロスタグランジン製剤、デキストラン製剤、星状神経節ブロック、ラムゼイハント症候群ではアシクロビル

顔面神経麻痺の鍼灸治療

顔面神経麻痺に対して鍼灸治療は、麻痺そのもののを治癒させる効果は期待しにくいです。しかし、麻痺に伴い「つっぱって動かしにくい」「重だるいような痛み」という症状に対しては非常によく効きます。(麻痺そのもので動かしにくいことに加えて、麻痺に伴って表情筋の筋疲労や筋肉痛のような形で、動かしにくさや痛みが出るのだと考えています。顔面神経は痛みを司る神経ではないので痛みは無いという方もいらっしゃいますが、重だるいような痛みを訴える方は実際に多いです。)

治療を受けた方には「楽に動かせるようになった」「これだけ動くようになっていたんですね」と喜ばれています。鍼灸治療は、麻痺が治るまでの期間を楽に過ごすためには利用する意義があると感じています。