顔面神経麻痺は、脳から表情筋に命令を送っている顔面神経が、ウイルスや外からの力によって障害を受けて、神経の伝達が途絶えて、表情筋が動かせなくなる病気です。

顔面神経の構造

顔面神経の元は、脳に起点があります。頭蓋骨には様々な神経を外に通すために穴が空いていますが、脳から枝を出した顔面神経は、頭蓋骨の内耳道という穴から骨のトンネルの中に入り、茎乳突孔という穴から頭蓋骨の外に出て、そこから細かく枝分かれして顔の筋肉に分布します。

上に書いたのは顔面神経のメインのルートになります。顔面神経は、ほかに枝分かれして、涙腺、舌、軟口蓋(口の中、奥の方の天井部分)、耳小骨筋(聴覚に関わる部分)、舌下腺(唾液腺のひとつ)にも分布しています。

このように、顔面神経は表情筋以外にも種々の器官に分布しているので、顔面神経麻痺になると、顔の表情筋が動かなくなるだけでなく、目が乾く、大きい音が過度にうるさく聞こえる、味覚異常などの症状が生じることもあります。

【参考文献】
日本顔面神経研究会 編.顔面神経麻痺診療の手引-Bell麻痺とHunt症候群-.金原出版

こちらのページも御覧ください

頭顔面部の症状

鍼灸治療は、顔面神経麻痺の動かしにくさ、つっぱり感、痛み、重だるさなどの症状を緩和する

顔面神経麻痺① 顔面神経の構造

顔面神経麻痺② 顔面神経麻痺の原因

顔面神経麻痺③ 顔面神経麻痺の自然経過

顔面神経麻痺④ 麻痺発症のメカニズム

顔面神経麻痺⑤ ウイルスの種類

顔面神経麻痺⑥ Bell麻痺とHunt症候群は早期に見分けることが重要

顔面神経麻痺⑦ 麻痺の評価と予後の診断