下肢の神経痛・神経麻痺

下肢の神経痛で最も有名なものは「坐骨神経痛」でしょう。下肢には他にも「大腿神経痛」「外側大腿皮神経痛」などの神経痛などがあります。

このページでは、これら下肢の神経痛の原因となる「腰椎椎間板ヘルニア」「梨状筋症候群」「腰部脊柱管狭窄症」「根性大腿神経痛」「絞扼性腓骨神経麻痺」とその鍼灸治療について解説します。

  • 1 腰椎椎間板ヘルニア
    • 1-1 腰椎椎間板ヘルニアとは
    • 1-2 腰椎椎間板ヘルニアの鍼灸治療
    • 1-3 腰椎椎間板ヘルニアの症例
  • 2 梨状筋症候群
    • 2-1 梨状筋症候群とは
    • 2-2 梨状筋症候群の鍼灸治療
    • 2-3 梨状筋症候群の症例
  • 3 腰部脊柱菅狭窄症
    • 3-1 腰部脊柱菅狭窄症とは
    • 3-2 腰部脊柱菅狭窄症の鍼灸治療
  • 4 根性大腿神経痛
    • 4-1 根性大腿神経痛とは
    • 4-2 根性大腿神経痛の鍼灸治療
    • 4-3 根性大腿神経痛の症例
  • 5 絞扼性腓骨神経麻痺
    • 5-1 絞扼性腓骨神経麻痺とは
    • 5-2 絞扼性腓骨神経麻痺の鍼灸治療

1 腰椎椎間板ヘルニア

1-1 腰椎椎間板ヘルニアとは

人間の背骨(=脊椎)は、小さい骨がたくさん縦に連なってできています。それらの骨と骨の間には、椎間板という組織が挟まっていて、クッションとして機能しています。

椎間板に過剰な力が加わると、潰れて横に広がったり中身が漏れ出たりして(=ヘルニア)、そばを通る神経を刺激します。刺激を受けた感覚神経や運動神経の影響により、痛みやシビレ、筋力低下などの症状が現れる疾患が、椎間板ヘルニアです。

椎間板ヘルニアは頸椎部と腰椎部に多く、腰椎部で起こったものを腰椎椎間板ヘルニアといいます。腰椎椎間板ヘルニアは、下肢へ向かう神経を刺激するので、下肢の神経痛や筋力低下を引き起こします。

1-2 腰椎椎間板ヘルニアの鍼灸治療

椎間板ヘルニアに対して鍼灸治療をする際は、主に「①ヘルニアが起こっている患部(椎間板)の治癒促進」と「②障害されている神経の機能回復」という効果を考えています。

治療開始から概ね3回くらいで症状の改善が現れ始めます。治癒までの回数・期間は個々の状態で全く異なるので、下記症例を参考に御覧ください。

1-3 腰椎椎間板ヘルニアの症例

《症例1》

  • 50代男性。約10日前から左の臀部・大腿後面・足部のシビレが生じ、その2日後から激痛に変化。原因は発症数日前の草刈りが思い当たる。現在は、歩行に痛みがあって続けて歩けるのは5~10分程度、座ると楽になる(間欠性跛行)。立位で腰をそらす動作により痛みが誘発される。椅子の座位は比較的楽だが長時間になると痛みが生じる。車の昇降は痛みがあってスムーズにできない。また、長時間同一姿勢のあとは動き始めの痛みが強く、朝も痛みが強くなる。
  • 診察を行ったところ、後屈や患側への側屈でふくらはぎの痛みが強く生じる。SLRテスト陽性、アキレス腱反射が患側でやや減弱、足趾の背屈筋力が患側で低下。
    ※SLRテスト:椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛の疼痛誘発テスト
  • 上記の症状と所見には、脊柱菅狭窄症が疑われる症状も診られたが、総合的に椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛と考えた。
  • 初めは週2回の頻度で3回治療を実施し、症状改善が確認され、週1回に減らして2回治療を行った。計5回の治療で歩行可能な時間は20分以上に伸び、軽度の腰痛が残るのみとなった。椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛はほぼ治癒したと考え、メンテナンスに移行した。

《症例2》(椎間板ヘルニア手術後のケース)

  • 椎間板ヘルニアの症状を発症して4ヶ月後に手術を受けた。手術後3ヶ月経過して症状が残っているため当院を受診。受診時は、腰に違和感と重だるさがあり、前屈みや椅子からの立ち上がりに不安がある。また患側ふくらはぎにシビレも感じる状態。
  • 診察すると、腰の前屈・後屈・側屈では腰の違和感を感じる。患側足趾の第5趾に知覚鈍麻あり、足首背屈筋力は患側が弱い。
  • 問診と診察の内容から、椎間板ヘルニアの症状が軽度に残っている状態と判断。通常の椎間板ヘルニアの鍼灸治療と同様に行った。
  • 週1回の頻度で治療を行い、毎回症状の改善がみられ、計3回治療を行った所で治療終了とした。以後、疲労性の腰痛等で来院されるが、椎間板ヘルニアによる神経症状を訴えることはない。

2 梨状筋症候群

2-1 梨状筋症候群とは

梨状筋症候群は、臀部の深い部位にある筋肉です。坐骨神経は梨状筋と他の筋肉の隙間を通っています。梨状筋やその周囲の筋肉が固くなると、坐骨神経を圧迫して坐骨神経痛を引き起こします。

梨状筋症候群の症状は、坐骨神経の支配領域での神経痛です。臀部・大腿後面・すね・足の広い範囲で神経痛が起こり得ます。この全領域で症状が起こる場合もあれば、一部領域のこともあります。梨状筋が固くなっているので、股関節・臀部の筋肉に痛みを感じる場合もあります。

2-2 梨状筋症候群の鍼灸治療

梨状筋症候群の鍼灸治療は、固くなっている梨状筋および周囲の筋肉を柔らかくほぐすことです。

梨状筋の筋疲労による急性発症では、すぐに効果が現れて少ない回数で治る場合が多いです。症状開始から長く経過している場合は、改善までそれなりの回数が必要です。

2-3 梨状筋症候群の症例

  • 50歳代、男性。約二ヶ月前より、左臀部~左大腿後面と下腿にシビレと力の入らない感じがある。原因は自転車(ロードバイク)の疲労と思われる。はじめは症状が臀部のみだったが、下腿にまで範囲が拡大してきたため当院を受診。
  • 診察では、梨状筋ストレッチ肢位により左臀部に症状が誘発され、梨状筋症候群と判断して治療を行った。
  • 週1回の治療頻度で計5回(1ヶ月強)で症状改善し、治療終了。
  • 梨状筋症候群は、筋肉のコリが坐骨神経を圧迫して神経症状をもたらす疾患なので、「筋肉のコリ」=「簡単に治る」と思いがち(我々治療家も、、、)です。急性発症のものは治りやすい傾向にあるものの、数ヶ月間~の慢性的なケースでは、梨状筋に過剰な緊張が入る悪い癖が付いている場合もあり、思いのほか回数がかかります。

3 腰部脊柱菅狭窄症

3-1 腰部脊柱菅狭窄症とは

脊柱菅狭窄症とは、脊柱の中の神経を通すトンネル状の部位が狭くなり、神経を圧迫して種々の症状をもたらす疾患です。高齢者に多くみられます。

脊柱菅狭窄症の最も典型的な症状が「間欠性跛行」です。これは、歩いていると下肢の神経痛が出てきてそれ以上歩けなくなり、腰掛けて休むと回復してしばらくは歩けるという症状です。病状によって歩ける距離や時間は概ね一定です。悪化に伴い歩ける距離が短くなります。

また、脊柱菅狭窄症を長く患っていると、排便や排尿の障害、会陰部(肛門付近)の灼熱感等の症状も現れてきます。

3-2 腰部脊柱菅狭窄症の鍼灸治療

脊柱管狭窄症に対して鍼灸治療を行うと、下肢の神経痛が改善して、歩ける時間・距離も長くなります。病気が始まって期間が浅い方の場合は、ほとんど症状が消失することあります。

ただし、上述した「排便や排尿の障害」「会陰部の灼熱感」という長く患っている方に出てくる症状に関しては、あまり良い効果がありません。

病気が初期の方は明確に著効します。是非鍼灸治療をお考え下さい。

4 根性大腿神経痛

4-1 根性大腿神経痛とは

脊髄から分かれ出る末梢神経は、神経孔という骨の隙間を通り脊柱の外に現れます。外に出てくる部位が植物の根に似ていることから、神経根といいます。神経根において神経が障害される神経痛を「根性○○神経痛」と呼びます。そのようにして大腿神経に障害が及んだ場合、根性大腿神経痛となります。

大腿神経痛は、ふともも前側~すねの内側の痛みやシビレを生じ、大腿四頭筋の筋力低下がみられることもあります。体をまっすぐ伸ばすと症状が出ることから、立位や歩行で腰を丸める姿勢になることも多いです。

4-2 根性大腿神経痛の鍼灸治療

根性大腿神経痛には鍼灸治療がとても効果的です。例えば「椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛」と比べると、明らかに1回毎の治療効果が上回りますし、治療終了までの治療回数や期間もだいぶ少なくて済みます。下記の症例をご覧になるとよくわかります。

4-3 根性大腿神経痛の症例

《症例1》

  • 40代男性。2週間前ジムで筋トレ中に腰の激痛を感じた。翌日軽い動作で再び腰の激痛を感じ、足には電気が走った。以後2日間は椅子に腰掛けたまま動けなかった。今は歩けるようになったが腰が曲がったまま伸ばせず、歩ける時間も2~3分程度。臥位になれないため夜は椅子に腰掛けたまま寝ている。痛みは、足のつけ根・太もも前・膝の前に感じる。
  • 診察では、患側で膝伸展の筋力低下も確認され、根性大腿神経痛と考えて治療を行った。
  • 治療は、始めの5日間は連日行った。毎回徐々に改善し、臥位で眠れるようになった時点で数日おきの治療に切り替えた。治療開始から約3週間で1時間の歩行が可能になった。以後は治療の間隔を、1週おき→2週おきと、徐々に間隔を伸ばしていった。治療開始から約1ヶ月半(治療10回)でメンテナンスに移行した。治療開始から2ヶ月半後、ハーフマラソン大会に出場できた。

《症例2》

  • 70代女性。2日前の起床時、突然右の太もも前面に痛みが生じた。あらゆる動作で痛みを感じ、ほとんど立っていることができないため往診を依頼。
  • 初診時、痛みにより左側臥位以外の姿勢を取ることができない。立位や歩行も難しく、トイレの際はご主人におんぶされて移動している状態。
  • 診察では、かろうじて立位姿勢を取ることはできるが、腰は前後屈・左右側屈のすべての方向で太もも前面に痛みを感じる。大腿神経伸展肢位で痛みが増強。下肢筋力は膝伸展力が低下。
  • 上記状態から、根性大腿神経痛と考えて治療を実施。連日計6回の治療を行った。1回の治療ごとに「仰向けになれる」「トイレに歩いていける」「歩くのが楽になった」「立ち上がって家事ができる」と改善した。家の中の生活にほとんど不自由を感じない状態になった時点で治療を終了した。

5 絞扼性腓骨神経麻痺

5-1 絞扼性腓骨神経麻痺とは

腓骨神経は、すねの前から外側の皮膚感覚を担い、その部位の筋肉を動かしています。腓骨神経が圧迫などの物理的障害を受けると神経伝達が滞ります。そして、運動神経麻痺による筋力低下、神経痛や感覚鈍麻を生じると、絞扼性腓骨神経麻痺になります。

原因は、就寝時に長時間横向きの姿勢で寝ていて、神経走行部を圧迫することがほとんどです。この場合、麻痺は軽度で本人は麻痺に気づかないことも多いです。腓骨骨折や外傷が原因となることもあり、神経切断や完全麻痺の場合は鍼灸の守備範囲外(これは絞扼性ではありません)です。

5-2 絞扼性腓骨神経麻痺の鍼灸治療

絞扼性腓骨神経麻痺の鍼灸治療は、神経の経路上のツボを使いながら鍼通電を行うことが多いです。表面電極を使って、筋力低下が出ている筋肉に筋収縮を行わせるのも効果的です。

鍼灸治療を行うと治療直後に明らかな筋力回復がみられます。鍼灸治療により神経内血流が回復する結果と考えています。

当日予約も受付/県外からは℡024-973-5048 TEL 0120-913-728 web予約も可能/電話受付10時~18時(水金土は20時迄)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © はりきゅう今泉治療院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.