肩関節痛

肩関節痛を生じる疾患とその鍼灸治療について解説します。

  • 肩関節周囲炎(四十肩、五十肩)
  • 腱板炎
  • 上腕二頭筋長頭腱炎

肩関節周囲炎(四十肩、五十肩)

肩関節周囲炎とは

肩関節の痛みと拘縮(固まって動かす範囲が制限されること)が起こる病気で、40歳代や50歳代に発症することが多いことから、一般に「四十肩」「五十肩」という名前で呼ばれています。

肩関節を動かす際には、様々な方向で痛みと拘縮が生じます。具体的には、腕が上がらなくなる、腕が背中に回らなくなる、外旋(上腕を体側に固定したまま外へ回旋する動き)ができなくなるという動きです。

最も痛みのひどい時期には、肩を動かさなくても痛みを感じます。夜眠れないほどの痛みを生じることもあります。

肩関節周囲炎の鍼灸治療

この病気は、痛みが主体となる疼痛期、拘縮が主体となる拘縮期の2つの時期があります。痛みの強い疼痛期から始まり、次いで動きが固まる拘縮期が訪れます。

肩関節周囲炎に対する鍼灸治療の目標は、疼痛期の痛みをできるだけ小さく抑えることと、疼痛期の期間を短くすることの2つです。拘縮に関しては鍼灸治療はあまり有効ではありませんが、疼痛期の鍼灸治療だけで、日常生活を十分楽に過ごせるようになります。

肩関節周囲炎の症例

  • 60代女性、主婦。約半年前に庭仕事で重量物を持ち上げて方に痛みを感じて発症。今は肩関節前面に痛みがあり、腕の挙上、腰に回す動作、頭の後ろに回す動作、ものを持って持ち上げるに痛みを感じる。夜間寝ていて痛みを感じることも時々ある。
  • 診察では、ヤーガソンテスト、ストレッチテスト、スピードテストが全て陽性。外旋・外転で痛みが生じ可動域も低下、結帯障害があり、結節間溝に圧痛著明。
  • 上記の症状所見から、上腕二頭筋長頭腱炎に由来する肩関節周囲炎(いわゆる四十肩、五十肩)と考えて、治療を実施。
  • 治療5回で夜間痛消失。治療12回までで外旋動作と結帯動作の可動域が徐々に改善し、日常生活で痛みを感じることがほとんどなくなったことから治療終了。

腱板炎

腱板炎とは

「腕を上げ下げして肩を動かすときに方が痛い」「腕を動かすと肩にズキッと痛みが走る」このような症状は、腱板炎が原因のことが多いです。

肩関節の中には骨と骨をつなぐ腱板という組織があります。腱板に傷がついて炎症が起こった状態を腱板炎といいます。

腱板炎の発症は肩関節への何らかの負担が原因となりますが、治療院を受診する方の場合は、何が原因になったのか分からないケースがほとんどです。それほど軽微な負担で起こる疾患だということです。

腱板炎の鍼灸治療

腱板炎を治療する際は「痛みの部位の鎮痛と治癒を促進する」「肩関節の動きを円滑にして、腱板にかかっている負荷の軽減する」の2点を目的に治療を行っています。

一般人は日常生活で肩関節に負担をかけていないので、若い人は1~2回の鍼灸治療で治癒する場合が多いです。また、スポーツ等で肩の動作を行っている場合は、しばらく休む必要があります。

上腕二頭筋長頭腱炎

上腕二頭筋長頭腱炎とは

上腕で力こぶを作る筋肉を上腕二頭筋といいます。上腕二頭筋の腱が肩関節を通過する部位で炎症を起こすと、上腕二頭筋長頭腱炎となります。

痛みは肩の前側に生じます。肘の屈曲、前腕の回旋(ドアノブを捻る動作)、肩関節の動きにより痛みを生じますが、症状の出方は一定しない印象です。

上腕二頭筋長頭腱炎の鍼灸治療

治療の中心は、上腕二頭筋の過緊張を緩和することと、炎症を起こしている患部の治癒促進を図ることの2点です。治療では、上腕から肩の前のツボが中心となります。ただし、上腕二頭筋のみ単独で過緊張を引き起こしているケースは殆ど無いので、肩関節に関わる部位を全体的に治療していくようになります。

※なお、上腕二頭筋長頭腱炎は肩関節周囲炎(四十肩、五十肩)と関係の深い疾患のひとつです。上腕二頭筋長頭腱炎から肩関節周囲炎に発展した症例もあります。上の肩関節周囲炎の症例がまさにそのケースです。

当日予約も受付/県外からは℡024-973-5048 TEL 0120-913-728 web予約も可能/電話受付10時~18時(水金土は20時迄)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © はりきゅう今泉治療院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.