体性自律神経反射と鍼灸

鍼灸は、からだの仕組みを利用して症状を改善し治癒に導く治療法です。
からだを治す仕組みの中で、特に重要なものが「自律神経反射」です。
鍼灸で、胃腸などの内臓・器官の働きが良くなったり、筋肉の血流が活発になったりするのは、自律神経反射の作用です。

反射とは

自律神経反射の前に、まず中学校の理科でも勉強する反射について復習しましょう。

  • 手で熱いフライパンに触れた⇒手を引っ込める
  • 足で画鋲を踏んだ⇒脚を引っ込める
  • 顔に向かって物が飛んできた⇒思わず目をつむる

身体にはこういう反応を起こす仕組みがありますが、この仕組みが反射です。
これらの反射は、感覚神経⇒脊髄(または脳)⇒運動神経⇒筋肉と情報が伝わって反応が起こっています。

自律神経反射とは

鍼灸治療と「反射」には深い関わりがあります。
鍼灸に関係のある反射は、先ほど例示した運動神経や筋肉が働く反射ではなく、自律神経が関わる反射です。

自律神経について

ここで、一般の方々にとってあまり馴染みのない自律神経についてご説明してきましょう。

末梢神経には、①感覚神経 ②運動神経 ③自律神経の3種類の神経があります。

①感覚神経は皮膚感覚・視覚・聴覚などの感覚を脳に伝えます。
②運動神経は脳の命令を筋肉に伝えて体を動かします。
③自律神経は脳の命令を、内臓(胃・腸・心臓・肝臓など)や様々な器官(血管・汗腺・立毛筋・目の瞳孔など)に伝えて、内臓・器官を動かしています。

自律神経は、心臓や胃腸を動かし、汗をかき・血流を調節し・・・・というように、無意識下で全身の様々な働きを調節して、生命を維持して健康を保っています

体性自律神経反射

鍼灸に関わる自律神経の反射は、正しくは「体性自律神経反射」と言います。体性内臓反射とも呼ばれています。
鍼や灸の刺激は、皮膚の感覚器官でキャッチされ、感覚神経を通じて脳へと伝わり、最終的に脳から⇒自律神経⇒内臓・器官と通じて、内臓・器官の働きを調整します。

心臓の心拍数や末梢の血流を指標にした研究では、鍼灸の刺激では主に「交感神経の機能抑制」と「副交感神経の機能亢進」が起きることが分かっています。交感神経は心拍数や血圧を上昇させる「活動の神経」、副交感神経は胃腸の消化吸収を促進させる働きがあり「休息の神経」と呼ばれます。

鍼灸の刺激により「交感神経の機能抑制」と「副交感神経の機能亢進」が起きるということは、活動状態の体を休息状態へ上手に切り替えるのに有効だといえます。

 現在人は過緊張状態で長時間働き、深夜まで煌々と照らされる照明の下、テレビやパソコン・スマホなどから強い光刺激を受けて続けており、常に交感神経緊張状態に置かれています。それが様々な体のトラブルを引き起こす要因になっているとも言われています。

交感神経緊張状態に置かれたわれわれ現代人にとって、「交感神経の機能抑制」と「副交感神経の機能亢進」を促す鍼灸治療は、心身を癒すのにとても効果的な治療法です。

体性自律神経反射の例① 遠くのツボで筋肉をほぐす

鍼灸治療では「背中のコリをほぐす際に脚のツボを使う」というように、患部から離れたツボを頻繁に使います。遠くのツボで筋肉がほぐれる仕組みについて、動物を使った研究で「体性自律神経反射」が関わっていることが分かっています。

モルモットを使った実験では、背中のツボに鍼刺激をすると、疲労したふくらはぎの筋力低下が回復します。様々な検討を加えた結果、体性自律神経反射による作用であることが確認されました。

鍼灸治療の臨床現場では、上記のような自律神経反射の働きを利用して、からだの様々な部位の筋肉を柔らかくほぐします。

よく鍼灸治療と比較される治療法に各種の手技療法や電気機械療法などありますが、それらの治療法で「指が届かない」「ストレッチがかからない」「電気刺激が届かない」という治療が難しい筋肉においても、鍼灸治療であれば遠隔部のツボを上手に使って治療することが可能です。その意味で、筋肉のトラブルに対する治療として、他の治療法よりも頭一つ抜き出た治療法であると考えています。

体性自律神経反射の例② 鍼灸で内臓の働きを整える

一般の方々は、鍼灸治療=「筋肉や関節の症状に対する治療法」と考えているようですが、鍼灸は内臓の調子を整えるためにも有効であり、様々な研究でそのメカニズムが確認されています。

胃の活動について

四肢への鍼刺激では迷走神経胃枝(胃を動かす自律神経)の活動が亢進して、胃の蠕動運動が活発になります。また、腹部への鍼刺激では交感神経胃枝の活動が亢進して、胃の蠕動運動が弱まります。

実際の治療においても、胃の不快感を持つ患者さんに足やお腹・背中のツボを上手に使って治療すると、その不快感が治まるばかりでなく、胃の動きが改善するのが分かります(消化器症状を訴える場合、治療の前後に聴診器を使いグル音(=胃腸の動く音)で胃腸の動きを確認します)。胃腸の動きの弱いときには治療により動きが活発になり、動きの激しすぎる時は治療により動きが穏やかになります。

心臓・腎臓・膀胱など

胃の活動の他にも、鍼灸の刺激により心臓・腎臓・膀胱など様々な器官で自律神経反射が起きて、働きが調節されることが分かっています。