筋肉・関節から不妊、難聴まで。幅広く鍼灸で対応する郡山市の鍼灸院。

郡山市の鍼灸院 | はりきゅう今泉治療院

院長の挨拶|郡山の鍼灸院|はりきゅう今泉治療院

はじめまして。はりきゅう今泉治療院 院長の今泉洋平です。当院のウェブサイトに訪問していただき、ありがとうございます。

当院は、2009年4月に開院して、今年でちょうど10年が過ぎました。この間、多くの患者様の健康のお手伝いをさせていただきました。

開業してはじめの3年間は、当院の診療と並行して、ベテランの先生の治療院にお邪魔して、研修させていただきました。午前は研修、午後は当院へ戻って診療という形で過ごしました。研修中は、普通の治療院では経験できないような多種多彩な症状の方々の治療に携わることができ、現在の私の鍼灸治療の基礎となっています。

また、鍼灸師として2年目には、介護予防運動指導員という資格も取得し、高齢者の運動指導のトレーナーとしての活動もはじめました。6~7年間活動を続けていましたが、この間は、週に数回、行政等の公的機関から依頼を受けて、市内各所の公民館等で行われる「転倒骨折予防教室」などで高齢の方々の運動をご指導しました。高齢の患者さんで筋力低下等がある方には、鍼灸治療と合わせて運動指導もおこなっています。

鍼灸師として10年間を経て、今考えている課題は3つあります。

1つ目は、鍼灸の客観性を高めることです。統計等の手法を使ってデータをまとめ、客観的な効果が分かるようになるのが理想です。今は放送大学を受講して、統計学の基礎となる数学から手を付けている最中です。基礎的な所を丁寧にやりすぎている感じもありますが、必ず患者さんのためになるものと考えて取り組んでいます。

2つ目は、不妊症のご夫婦の鍼灸治療です。当院では数年前から不妊症で鍼灸を取り入れる方が増え始め、現在は男性不妊の相談も受けています。人工授精や体外受精で専門の病院に通われているご夫婦が、鍼灸を取り入れることで良い結果が得られるよう、常に新しい知識取り入れて効果的な治療をご提供したいと考えています。

3つ目の課題は、難聴の方の鍼灸治療です。当院で対応している難聴は、突発性難聴と急性低音障害型感音難聴です。低音障害型感音難聴については、治療をしている感覚としては、鍼灸が非常によく効く病気です。まだ病気が定義されて比較的新しいためか、学会の論文でも鍼灸の報告が全くありません。治療結果を集めて、鍼灸がこれだけ聴く病気ですよということが示せればと考えています。

 

更新日:

Copyright© 郡山市の鍼灸院 | はりきゅう今泉治療院 , 2019 All Rights Reserved.