美容鍼|美肌・小顔・リフトアップ

新型コロナウイルス対策により、施術を受ける際にマスクの着用をお願いしています。

マスク着用のまま美容鍼の施術は行えないため、美容鍼はしばらくの間、お休みさせていただきます。

 

【美容鍼の初回割引】3月末まで

「小顔ケア」「美肌ケア」通常5,000円➜初回4,000円

「ダブル 」通常6,000円➜初回4,800円

 

美容鍼のメニュー

目的に応じて「小顔ケア」「美肌ケア」「ダブル」の3コース、オプションをお選びください。

  • 「小顔ケア」
  • 「美肌ケア」
  • ダブル「小顔ケア」+「美肌ケア」
  • オプション:「ダイエットサポート鍼」

 

小顔ケア|スタンダードな美容鍼。たるみ、シワ、ほうれい線、エラ張りなどにおすすめ。

「たるみが気になる」
「シワが目立つようになってきた」
「疲れると、ほうれい線が濃くなる気がする」

という方におすすめ。
美容鍼のスタンダードなコースです。

  • 時間:約80分
  • 施術料:5,000円
  • 鍼で表情筋にはたらきかけて、リフトアップ、フェイスラインの引き締め、しわ・しみ・たるみの緩和、表情を豊かにするなどの効果が期待できます。
  • 鍼をはじめて受ける方は、「小顔ケア」がおすすめです。

美肌ケア鍼|肌表層のケアで美肌をめざす。肌の艶、張り、化粧ののりを改善。

「肌荒れしやすい」
「肌のつや、張りをよくしたい」
「化粧ののりが気になる」

という方におすすめ。
肌表層を集中ケアするコース。

  • 時間:約80分
  • 施術料:5,000円
  • 肌表層へ集中的に働きかけて、肌の艶、張り、化粧ののりを改善する効果が期待できます。

ダブル|お顔の表層から深層までしっかりケア

小顔ケアと美肌ケアを合わせたコースです。

  • 時間:約90分
  • 施術料:6,000円
  • 小顔ケアと美肌ケアの両方の施術をおこないます。

ダイエットサポート鍼|オプション

筋肉に対する鍼通電と、耳鍼を組み合わせて、ダイエットをサポートします。

  • ショート・ロングの両コースに追加してご利用いただけます。
  • 時間:約10分追加でお時間をいただきます
  • 施術料:+1,000円
  • 美容鍼に追加するオプションです。ダイエットサポート鍼のみは行っておりません。

 

なお、ご予約ページではメニューの詳細な説明ありません。
このページでメニューを決めてから、ご予約ページへお進みください。

ご予約|ネット予約・電話・LINEに対応

 

施術内容のご説明

お顔の鍼の施術内容

お顔の鍼の施術方法は「小顔ケア」「美肌ケア」の2種類があります。

また、「ダブル」コースでは、「小顔ケア」と「美肌ケア」の両方をおこないます。

小顔ケア

「小顔ケア」は、鍼を刺したまま一定時間留め置く「置鍼」という方法でおこないます。

血流を増やして筋肉を活性化する鍼の特性を生かして、表情筋をケアします。

  • たるみの改善
  • 目の下のくまの改善
  • シワの緩和
  • エラ張りの緩和
  • リフトアップ
  • フェイスラインの引き締め
  • 表情を豊かにする

などが期待できます。

美肌ケア

美肌ケアの鍼では、「散鍼」という方法で、鍼を1~2ミリ以内で浅く、きめ細かく施します。

肌表面の「表皮」にはたらきかけて、肌の力を引き出します。

  • 肌のくすみ改善
  • シミの緩和
  • 肌の艶
  • 肌の張り
  • 化粧ののり

など、肌表面のコンディションを良好にすることが期待できます。

お体の鍼の施術内容

ここでは、美容鍼灸でおこなう「お体の鍼」をご説明します。

美容鍼というと、お顔のハリばかりが注目されていますが、当院では、体の内側から整えることを重視しています。

したがって、当院では必ずお顔とお体をセットで施術します。

仰向け|お体の鍼灸

仰向けのお体の鍼は、足、腕、お腹のツボをつかいます。

鍼を刺したまま一定時間留め置く「置鍼」という方法をとります。

足とお腹には、内蔵の働きを活性化するツボが多くあり、体の内側からコンディションを整えます。

腕のツボは、首・肩・顔の筋肉を柔らかくしたり、血流改善に効果的な部位です。

うつ伏せ|お体の鍼灸(美容鍼灸)

仰向けとおなじように、うつ伏せでも鍼を一定時間留め置く「置鍼」でおこないます。

うつ伏せで鍼をおこなう部位は、首の後ろ・肩甲骨・背骨のそば(背中から腰)などのツボです。

体の後ろ側のツボに鍼をおこなうことで、体の芯から疲れをとります。

疲れをしっかり取ることは、お顔のコンディションにも大切です。

 

施術の手順

施術全体のながれ

「5.施術」の手順は、下の項目でご説明します。

施術の手順|うつ伏せ➜仰向けで施術

うつ伏せで背中側の鍼灸を行い、鍼をとってから、仰向けでお体とお顔の鍼灸を行います。

  1. うつ伏せ姿勢で、背中側に鍼をします。
  2. 一定時間、置鍼をおこないます。
  3. 鍼を全てとって、仰向け姿勢になります。
  4. 仰向けで、お体に鍼を行います。
  5. 続けて、お顔に鍼を行います。
  6. 一定時間、置鍼します。
  7. お体とお顔の鍼をとります。

 

よくあるご質問|美容鍼について

はてな

施術を受けるときの服装はどうすればいいですか?

施術を受けるとき用の衣類は、当院で用意しています。

もし、ご自分のものを着用したい方は、半袖とハーフパンツ、またはそれらに準じたものをご用意ください。

半袖は、サイズ的に余裕があり、伸びる生地のものが施術しやすいです。

服装については、下記の記事でまとめています。

鍼灸院で治療を受けるときの服装は?着替えは?|はりきゅう今泉治療院の鍼灸ノート

 

はてな

施術をうけるとき、化粧はどうすればよいですか?

鍼をする場所は、消毒用の脱脂綿で肌を拭い、直接お顔に触れて鍼をおこないますので、
化粧はある程度崩れてしまいます。

施術前に化粧を落としたり、施術後に化粧を直すお時間・スペースは、ご用意できませんので、ご了承ください。

また、希望する方には、施術前後に写真を撮影して、施術による変化を確認します。
その際、化粧は薄め・すっぴんのほうがわかりやすいです。

 

はてな

美容鍼と一緒に、ほかの体の不具合も治療できますか?

美容鍼の施術では、お顔の鍼を丁寧におこないます。

そのため、他の部位の不具合に対しては、時間や手間をかけられません。

いま「症状が辛くて困っている」という状態であれば、美容鍼ではなく、症状に対する鍼が適しています。

 

はてな

顔に鍼をするのは痛いですか?

鍼は完全な無痛ではありませんが、「痛みのせいで施術を受けられない」というほどの強い痛みはありません。

「ちょっとチクっとする」という程度ですので心配はいりません。

とくにお顔の鍼は、もっとも細い部類の針を使うので、刺激はごくわずかです。

鍼については、下の「はりきゅう今泉治療院の鍼灸ノート」の記事もご覧下さい。

鍼灸で使う針の種類|「刺さない鍼」や「シールでとめる鍼」もある

鍼の刺し方|鍼治療を受けた経験がない方向け

© 2020