筋肉・関節から不妊、難聴まで。幅広く鍼灸で対応。

よくあるご質問(鍼灸について)

  • HOME »
  • よくあるご質問(鍼灸について)

このページは、鍼灸について一般的なよくあるご質問です。当院についての内容は、
よくあるご質問(当院について) をご覧ください。

鍼灸(しんきゅう、はりきゅう)とは何ですか?
こちらのページを御覧ください。鍼灸とは何ですか?
施術の際に痛みや熱さはありますか?
気になるような痛みや熱さはありません。

鍼は完全な無痛ではありませんが、初めて治療を受けた方は 「気にするような痛みではない」と仰ることが多いです。

灸は主に、不快な熱さを生じないものが使われています。
安全ですか?感染や衛生面、副作用の危険性はありますか?
鍼灸は、安全な道具を用いて、安全な技術を習得した資格者が行う、重大な副作用の少ない治療法です。
詳しくは、鍼灸は安全ですか?感染・衛生面、副作用の危険性はありますか?をご覧ください。
なぜ病気や症状が改善するのですか?
鍼や灸が体に作用するメカニズムは、基礎研究等で少しずつ分かってきています。
例えば、鍼や灸の刺激で血管が拡張する軸索反射や、体の刺激する部位で内蔵の働きが変化する体制自律反射があります。

全日本鍼灸学会のウェブサイトに参考となる資料があります。詳しくは、 ここまでわかった鍼灸医学-臨床と基礎との交流をご覧ください。
どのような手順で施術しますか
治療院によって手順は多少異なりますが、一般的には「予約→来院→予診票記入→問診→診察→治療→会計」という順序です。
詳しくは鍼灸は一般に、どんな手順でおこないますか?をご覧ください。
どんな年齢層の方が鍼灸を利用しますか?
鍼灸を知らない方は「鍼灸を受けるのは高齢の人ばかり」と考えているようです。実際は幅広い年齢層の方が治療を受けています。

小児鍼という言葉もあり、子供の鍼灸治療も可能です。ただし、子供に関しては、治療院によって対応できる年齢が異なりますので、各院へご確認下さい。
どういう症状で鍼灸を利用する方が多いですか?(一般的に)
最も多い(約8割)のは運動器系の症状の方で、残り2割には様々な症状の方が含まれます。

「我が国における鍼灸の利用状況等に関する全国調査 その1 鍼灸治療の利用状況について」のデータをグラフにしました。これが鍼灸の平均的な利用者像と思われます。
運動器系の症状で鍼灸を利用する方が8割を越えており、他の症状はそれぞれわずかです。(※運動器系とは、筋肉や関節、神経痛などの症状のことで、病院を受診する場合は整形外科を受診するような種類のものです。)

運動器系の症状であればほとんどの鍼灸院で対応可能です。

運動器系以外の症状の場合は、治療院ごとに対応できる分野が異なりますので、各院のウェブサイトや電話でご確認下さい。
鍼灸治療にはどのような服装で行けばよいですか?
解説ページを設けていますのでご覧ください。どんな服装で行けばいいですか?着替えはどうしますか?
病院に通っていても鍼灸治療を受けられますか?
病院に通っていても大丈夫です。
良い鍼灸院の見分け方は何かありますか?
「良い鍼灸院」はそれぞれ異なりますが、判断材料の一つとして記事を書きましたのでご覧ください。はじめての鍼灸院選び方ガイド

当日予約も受付/県外からは℡024-973-5048 TEL 0120-913-728 web予約も可能

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
案内情報サイドバー_緑_2015年3月
問合せサイドバー
  • facebook
  • twitter
PAGETOP
Copyright © はりきゅう今泉治療院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.