首肩コリで鍼灸をうける人は多い?

首肩こりで鍼灸治療を受ける人は多いですか?

既に、多くの方が首肩コリの症状で鍼灸を利用しています。

下のグラフは、鍼灸院の通院患者さんの症状を表しています。

高野道代・他(2005)「鍼灸院通院患者の鍼灸医療に対する満足度に関する横断研究」,『全日本鍼灸学会雑誌』52(5),p.562-574,全日本鍼灸学会

症状の第2位と第3位が、肩こり(59.1%)、首こり(43.5%)となっており、

首肩コリは鍼灸院で非常に多い症状であることが分かります

※複数の主訴を持つ方がいるため合計は100%を超えます。

このように、すでにたくさんの方々が、首肩こりの治療で鍼灸を利用しています。

安心してご利用ください。

治療回数

首肩コリは、鍼灸を何回やれば治りますか?

当院で治療を受ける方は、まず1回治療を受ければ、その後しばらくは楽に過ごせています。

ただし、治療によって軽くなっても、 首肩コリは、疲れ、ストレス、眼精疲労などにより、悪化するものですので、

しばらくするとまた症状が出てきます。

しかし、月に1回くらい定期的に鍼灸治療を受けている方は、治療を全く受けないときに比べて、とても楽に過ごせると仰っています。

よって、首肩コリで鍼灸を利用する場合は、月に1回程度の定期的な治療方法がおすすめです。

慢性的な場合

慢性的な肩こりです。鍼灸治療は効きにくいのではないですか?

鍼灸を利用している方は、ほとんどの方が慢性的な首肩こりです。

慢性であってもそうでなくても、鍼灸で楽になっています。

上の方で書いたように、治療後しばらくするとまた首肩こりを感じるようになりますが、定期的に受けておくと楽に過ごせます。

慢性的な首肩こりの方こそ、鍼灸をおすすめします。

手元の細かい作業が多く、首肩こりは職業病です。鍼灸は効きますか?

はい。そういう方もたくさん利用されています。

首肩コリであれば、1回の治療でも治療後にはちゃんと違いが実感できます。

負担が強い方ほど、治療後すぐに肩こりを感じるようになってしまいますが、

全く治療をしないままよりも、定期的に治療を受けたほうが楽に過ごせます。

治療で使うツボ

首肩コリの鍼灸治療は、どこに鍼や灸を行うのですか?

首肩コリでは、腕・肩・首・肩甲骨・背中のツボを使うことが多いです。

下の図が首肩コリを治療するときによく用いるツボです。

図を見ると、患部とはなれたところにも首肩コリのツボがあります。

これも鍼灸治療の特徴です。