不妊

【女性の場合】当院の不妊鍼灸を詳しく解説

更新日:

当院公式サイトの「妊活・不妊の鍼灸~男女とも対応~」について、このページでは女性の場合に絞って、深掘り解説します。

まず不妊専門の病院を受診

はてな

病院と鍼灸院はどちらを先に受診したらよいですか?

  • 先にご夫婦で専門の病院を受診して、検査等で現状を把握してから鍼灸院を受診するのが望ましいです。
  • 鍼灸治療を受ける場合も、基本的に専門の病院と並行して利用して下さい。

 

鍼灸が妊娠に作用する仕組み

はてな

鍼灸で妊娠しやすくなるのはなぜですか?

  • 足のツボやお尻のツボに鍼をして電気で刺激することによって、卵巣や子宮へ向かう血管が拡張することが、確認されています。
  • その作用を応用して、妊活・不妊の鍼灸治療をおこなっています。

これらの作用から、妊娠に対して鍼灸で期待できることは、主に以下の2つです。

  • 卵巣で育つ卵子の質を向上させることと
  • 着床して妊娠が維持しやすい子宮内膜の環境を整えること

 

女性の年齢と鍼灸の効果

はてな

年齢は鍼灸の効果に影響しますか?

年齢を重ねて妊娠の確率が低くなるに伴って、鍼灸の効果も上がりにくくなると考えられます。鍼灸もできるだけ早くスタートした方がいいです。

 

不妊治療のステージと鍼灸の効果

はてな

病院でおこなう不妊治療のステージによって、鍼灸の効果は異なりますか?

現時点ではそういったデータが集められていないので、正確なことはわかりません。

今わかっていることから推測して、タイミング、人工授精、体外受精、どの段階でも効果があると考えています。

 

いつ鍼灸をはじめるか

はてな

不妊治療のどの段階で鍼灸を始めるのがいいですか?

一般に病院では、タイミング→人工授精→体外受精と段階的にステップアップしていきますが、どのステージで鍼灸をはじめるべきかというのは、難しいです。一概に「このステップからはじめるべき」とは言えません。

ただし、上でも書いたように、年齢的なリミットを考えるとできるだけ早く始めたほうがいいです

 

生理周期と治療するタイミング

はてな

生理周期のいつに治療するのが効果的ですか?生理中は治療を休んだほうがいいですか?

生理周期は気にしないで治療を受けて下さい。生理中も治療は休まずおこないます。

それよりも、あまり間隔が開きすぎないようにして、なるべくコンスタントに治療を受けることを優先して下さい。

ただし、多少の間隔のズレは気にしなくて大丈夫です。

 

妊娠までの期間

はてな

妊娠までに要する期間は?

妊娠しやすさは個人個人異なり、さらに妊娠しやすさを正確に測ることも出来ません。したがって、鍼灸を取り入れた場合に妊娠するまでに要する期間を知ることはできません。

参考として、当院で妊娠した方は、治療開始から平均6ヶ月間で妊娠しています。※ただし3ヶ月から1年以上の方まで大きく開きがあります。

また、年齢が高い方ほど妊娠までの期間が長くなる傾向があります。この傾向は一般的な妊娠しやすさと同じです。

 

病院の治療とのスケジュール調整

はてな

病院の治療とのスケジュール調整は必要ですか?

病院に通院するときは、鍼灸治療の日程をずらしても大丈夫です。

体外受精の移植前後は、鍼灸の治療のタイミングを調整して行っています。その際は具体的に相談させていただきます。

 

治療の部位

はてな

どこに鍼を刺すのですか?

仰向け

  • 足首から太もものツボに鍼通電療法
  • 自律神経や血管の通り道に対して、偏光近赤外線治療器を照射

うつ伏せ

  • 腰から臀部のツボに鍼通電療法

-不妊

Copyright© はりきゅう今泉治療院の鍼灸ノート , 2019 All Rights Reserved.