さまざまな症状の鍼灸

肩の痛みの鍼灸治療について、おしえてください。

更新日:



鍼灸で対応できる代表的なもの

はてな

どのような肩の痛みに対して、鍼灸治療を行うことができますか?

鍼灸では様々な肩の痛みに対して、治療をおこないます。

その代表的なものは以下のとおりです。

  • 四十肩・・・五十肩、肩関節周囲炎とも言います。
  • 上腕二頭筋長頭腱炎
  • 腱板炎
  • スポーツのオーバーワークによる肩の痛み

 

 

鍼灸院の前に病院へ行くべきか?

はてな

肩が痛いとき、鍼灸院の前に病院へ行くべきですか?


肩に強い力が加わって痛みが生じた場合は、鍼灸院より先に病院へ行くことをおすすめします。

肩に強い力が加わった覚えがなく、肩に痛みがある場合は、すぐ鍼灸院へ来ていただいて問題ありません。

もし、鍼灸院に行くか、先に病院へ行くか、迷うような状況でも、鍼灸院では徒手検査などで、治療ができるかどうか判断できます。

 

四十肩、五十肩について

※四十肩と五十肩は同じ意味ですので、ここでは四十肩で統一して書きます。

治療の期間

はてな

四十肩を鍼灸で治療すると、どのくらいの期間がかかりますか?

四十肩は、はじめ痛みの山があり、痛みの山がピークをすぎると、固まって動かしにくくなります。

鍼灸で四十肩を治療する場合の目的は

  1. 痛みのピークをできるだけ低くする
  2. 痛みの期間をできるだけ短くする

の2つです。治療の効果に個人差はありますが、

  • 週に2回
  • 1ヶ月間~

を目安にしてください。

 

痛みのせいで、眠りが浅く、目が覚める

はてな

四十肩の痛みのため、夜眠りが浅く、何回も目を覚まします。鍼灸で効果はありますか?

四十肩の痛みが一番ひどい時期は、夜眠れないこともあります。

この時期におこなう鍼灸治療の目的は、

  • 痛みを和らげること
  • 痛みの強い時期をなるべく短くすること

の2つです。数回の治療で夜の痛みが和らいでくるケースが多いです。

 

じっとしていて痛い、動かす方向によっては更に痛い

はてな

四十肩で、動かさなくても肩に痛みがあり、動かす方向によってさらに強く痛みます。鍼灸で治療できますか?

四十肩の治療は、ある程度の回数や期間を要しますが、

  • 動かさなくても感じる肩の痛み
  • 動かす方向によって生じる強い痛み

どちらの痛みも鍼灸で改善します。

 

痛みは良くなったが、固まっている

はてな

四十肩の痛みは良くなりましたが、肩が固まっています。鍼灸で治療できますか?

四十肩で痛みが改善した後で、肩が固まって動きにくくなるのは、肩関節を包む滑液包という組織が、分厚くなり伸びにくくなったためと言われています。この組織を鍼灸治療で柔らかくすることは出来ません。

したがって、四十肩の痛みが軽減した後に残る固さは、鍼灸ではあまり改善しません。

ストレッチをご自分で行うと徐々に動きやすくなっていきます。ストレッチの方法は当院でご指導しています。

なお、痛みのある時期にストレッチ等の運動で負荷を与えると、痛みがなかなか軽くなりませんのでご注意ください。

 

 

スポーツ傷害の場合

オーバーワークによる肩の痛み

はてな

オーバーワークで肩が痛くなった場合、鍼灸で治療できますか?

オーバーワークによる肩の痛みは、鍼灸で治療することができます。

治療と並行して、練習を休むか、練習量を減らす必要があることが多いです。

また、フォームの偏りなどにより、負担をかけている場合は、フォームの見直しなども必要です。

 

異常に大きな力が加わって、肩に痛みを生じた場合

はてな

急に大きな負荷がかかって肩に痛みを生じた場合、鍼灸で治療できますか?

靭帯や腱の大きな損傷があれば鍼灸では治療できません。そういった損傷が無ければ鍼灸で治療することができます。

スノーボードで転倒して肩を傷めたとか、普段曲げない方向に曲がって傷めたという場合は、まず病院の受診がいいでしょう。

 

 

治療で使うツボの場所

はてな

肩の痛みに対しては、どこに鍼や灸をおこないますか?

肩の痛みには様々な種類があり、痛みの原因ごとに治療で使うツボは異なります。

下の図は、肩の痛みに対する代表的なツボです。

肩関節や肩甲骨周囲のツボを多く使います。また、肩から離れたツボも使います。



-さまざまな症状の鍼灸
-,

Copyright© はりきゅう今泉治療院の鍼灸ノート , 2019 All Rights Reserved.