予約制|フリーダイヤル(県内のみ)

はりきゅう今泉治療院の【変形性股関節症に対する針灸】

変形性股関節症に対する針灸 はりきゅう今泉治療院
imaizumi
ネット予約する

8時30分~21時まで
(日曜19時まで・火曜休診)
フリーダイヤル0120-913-728
県外からは024-973-5048

8時30分~21時まで
(日曜19時まで・火曜休診)

このページでは
「変形性股関節症の痛みで困っている」
「変形性股関節症に対して、何か良い治療法はないか?」
「変形性股関節症に対して、針治療を利用してみたい」
という方に向けて、

  • 変形性股関節症とは
  • はりきゅう今泉治療院で行う変形性股関節症の針灸
  • 変形性股関節症に対する針灸に要する回数・期間
  • 変形性股関節症におすすめのメニュー

という4点を説明して、針灸治療をご紹介します。

変形性股関節症とは

変形性股関節症は、関節軟骨の変性・摩耗によって、関節の破壊や反応性の骨増殖が生じ、股関節に変形が起こる疾患です。

日本人の場合、元々何らかの股関節疾患があり、その影響で変形性股関節症が起こることが多いです。

変形性股関節症の症状は、股関節の痛みが主です。しかし、大腿部・膝など離れた部位に痛みが生じることもあります。

変形性股関節症の変形が強くなると、股関節の動く範囲が狭くなり、跛行(「はこう」歩くときかばったり、ひきずる動作)や、脚長差(脚の長さの左右差)もみられるようになります。

西洋医学の治療方法は、保存療法と手術療法があり、症状や年齢等によって、治療法が選ばれています。

参考文献
湏藤啓広.股関節の疾患.標準整形外科学第12版.医学書院;2014.p631-635

はりきゅう今泉治療院で行う変形性股関節症の針灸

変形性股関節症に対する針灸の効果

針灸治療には様々な効果があります。変形性股関節症に対して針灸は

  1. 筋肉の柔軟性を回復させる
  2. 筋肉で動く関節を動かしやすくする

という2つの効果が期待できます。

変形性股関節症は、文字通り「軟骨や骨の変形」ですが、筋肉も硬くなり動かしにくくなっています。

ハリ治療は、筋線維の伸縮センサーに働きかけて余分な緊張をゆるめたり、筋肉の血流を増やしてコリを取り除く働きがあります。

これらの作用によって、変形性股関節症の固まっている筋肉を動かしやすくします。

また、変形性股関節症の「股関節の動かしにくさ」の原因は「骨の変形のみ100%」ではなく、筋肉が固まって動きにくい部分もあります。

ハリで筋肉が動きやすくなることで、股関節の動きも一部改善が期待できます。

変形性股関節症に対する針灸の役割・目的

針灸は変形性股関節症に対して「症状緩和」と「負担軽減」の役割・目的があると考えています。

症状緩和

上で書いたように、針灸で筋肉と関節が動かしやすくなることで、痛い・重い・動かしにくいといった症状を緩和します。

負担軽減

針灸で筋肉が動かしやすくなることで、関節への余分な負担を軽減します。

良い状態を維持して、変形性股関節症の悪化を遅らせることができれば、理想的です。

ネット予約する

8時30分~21時まで
(日曜19時まで・火曜休診)
フリーダイヤル0120-913-728
県外からは024-973-5048

8時30分~21時まで
(日曜19時まで・火曜休診)

はりきゅう今泉治療院の施術方法

はりきゅう今泉治療院では、変形性股関節症に対して、股関節の動きに関わる筋肉へ針治療を行っています。

太もも前側の大腿四頭筋

股関節が動きにくいと、大腿四頭筋を過度に使うようになり、大腿四頭筋が固まります。

大腿四頭筋が固まると、余計に股関節が動きにくくなるので、針治療で柔軟性を回復させます。

図で書かれている大腿直筋・外側広筋・内側広筋は、合わせて大腿四頭筋と総称します。

変形性股関節症の針灸
大腿四頭筋(大腿直筋、内側広筋、外側広筋)
はりきゅう今泉治療院

太もも内側の内転筋群

変形性股関節症の針灸
内転筋群
はりきゅう今泉治療院

内転筋群は、両膝を近づける方向に働く筋肉です。内転筋群が硬くなると、膝を外へ開く動きが小さくなります。

変形性股関節症の変形の状態・程度によって、効果の出方は違いますが、ハリ治療で再び胡座ができるようになった方もいました。

臀部表面の筋肉(大殿筋、中殿筋)

大殿筋と中殿筋は、「立ち上がる」「歩く」などの股関節の動作で強い力を発揮する筋肉です。

変形性股関節症で股関節の動きが悪い人は、これらの筋肉に疲労がたまり、硬くなりやすいです。

変形性股関節症の針灸
大殿筋・中殿筋
はりきゅう今泉治療院

腰深層の腸腰筋

腸腰筋は、大腰筋と腸骨筋を合わせた総称です。

股関節に異常がない人でも、腸腰筋は歳とともに硬く縮み、腰痛など様々な症状の原因になります。変形性股関節症も、腸腰筋の硬さによって症状悪化の可能性があります。

変形性股関節症の針灸
大腰筋
はりきゅう今泉治療院

はりきゅう今泉治療院では、変形性股関節症に対して、大腰筋を毎回施術しています。

※大腰筋の絵は前から描かれていますが、針治療は後方から行います。

腸骨筋は施術しにくい部位で、毎回は施術できませんが、良い効果があります。

股関節の深層にある小殿筋

小殿筋は股関節外側の深層筋です。深層筋は、関節を固定したり、骨同士をフィットさせる役割の筋肉です。

変形性股関節症に限らず、小殿筋が固まって、股関節を動かしにくくなっている人は非常に多いです。

変形性股関節症でも、小殿筋の硬さが悪影響を及ぼしていると考え、毎回ここに針を行っています。

変形性股関節症の針灸
小殿筋
はりきゅう今泉治療院

変形性股関節症に対する針灸で必要な回数と期間

変形性股関節症は「針治療〇回でこのくらい良くなります」とお伝えするのが難しいです。

針灸の効果は、「変形性股関節症の悪化の程度」「年齢」「生活や仕事による負荷の掛け方」に大きく左右されます。

はじめは週1回くらいのペースで4~5回施術を行い、効果をみてそれ以降の施術の進め方を相談するようにしています。

順調に治療効果が出ているうちは、同じペースで続けることをおすすめしています。

治療効果はいずれ頭打ちになるので、その後は、頻度を減らしてメンテナンスで受けるのがおすすめです。

変形性股関節症におすすめのメニュー

はりきゅう今泉治療院では、変形性股関節症の場合、下記の症状改善向けメニューをおすすめしています。

初回:初診80分6,300円
2回目以降:ハリ65分5,300円

長めの時間を確保しており、要所に針通電なども行えるメニューです。

施術の手順
  1. ご予約|ネット予約が便利
  2. ご来院|まず予診票に必要事項をご記入
  3. 問診|症状についてお話を伺います
  4. 診察|動きなどでお体の状態を確認
  5. 施術|仰向け→うつ伏せ、または横向き寝で施術
  6. 施術終了
はりきゅう今泉治療院の所在地
  • 郡山市久留米5-111-34
  • 郡山駅の南西4km/郡山市役所の南2.7km/郡山警察署の西1.9km/五百淵公園の南西1.1km
はりきゅう今泉治療院の所在地
診療曜日と時間
  • 月水木金土 8時30分~13時/14時~21時
  • 日曜日 8時30分~13時/14時~19時
  • 休診 火曜日

ここまでの説明で「針灸を受けて症状を改善したい」という方は、はりきゅう今泉治療院を予約して、施術を受けてみてください。ご予約はネット予約が便利です。

記事URLをコピーしました