筋肉・関節から不妊、難聴まで。幅広く鍼灸で対応する郡山市の鍼灸院。

郡山市の鍼灸院 | はりきゅう今泉治療院

女性特有の症状に対する鍼灸|郡山市の鍼灸院|はりきゅう今泉治療院

鍼灸は婦人科系の症状に対しても効果的です。

婦人科系のお悩みで鍼灸を検討されている方は、ぜひこのページをご覧下さい。

なお、不妊症は「妊活不妊の鍼灸~男女とも対応~」をご覧下さい。

月経困難症

月経困難症とは、月経直前から月経中に生じる下腹部痛や腰痛を主とする様々な症状のことです。

鍼灸治療により症状の軽減が期待できます。

子宮内膜症などによる月経困難症に鍼灸が有効なこともある

月経困難症は、子宮内膜症などが原因となって症状が現れていることがあります。

子宮内膜症などに起因する月経困難症でも、鍼灸により症状が軽減したという報告があります。

病院を受診した上で、症状軽減に鍼灸も活用してはいかがでしょうか。

 

逆子

  • 鍼灸で逆子の改善が期待できます。
  • 足のツボ2ヶ所に灸頭針と透熱灸を使って治療します。
  • 鍼灸治療は妊娠中も害はありません。

灸頭針

  • 鍼とお灸を同時に行います。
  • 温かくて気持ち良い治療です。

透熱灸

  • モグサを米粒の半分くらいにまとめて、皮膚の上で燃やします。
  • 足の指先のツボに透熱灸を行います。
  • 足が冷えているとあまり熱さを感じません。

透熱灸で用いるモグサ

 

つわり

  • 腕にある内関というツボは、嘔吐反射を抑制します。
  • 内関は、つわりに対して一定の効果があります。
  • 鍼灸は妊娠中も害はありません。
  • つわりには、内関への鍼通電が効果的という報告があります。
  • 内関だけに鍼灸を行うよりも、全身のツボを使って治療した方が効果的という報告があります。当院でも全身のツボを使って治療をおこなっています。

 

妊娠中から出産後の筋肉・関節トラブル

  • 鍼灸は妊娠中も害はありません。
  • 妊娠中から出産後の症状には、鍼灸で対応できるものがあります。

 

妊娠中・出産後の腰痛

  • 妊娠中・出産後の腰痛に対しても鍼灸治療はよく効きます。
  • 妊娠中にお腹が大きくなるにしたがって腰痛になる方も多いです。
  • 鍼灸は妊娠に害はありません。

 

妊娠中・出産後の手の痛みやシビレ

手根管症候群~手のひらのシビレ~

  • 手根管症候群に鍼灸治療は効果的です。
  • 自宅でのセルフお灸もおすすめしています。
  • 手根管症候群は、手のひらにシビレや痛みを生じる神経痛です。
  • 手首にある手根管という部位で、神経が刺激を受けて発症します。
  • 一般には、手の使い過ぎが原因です。
  • 女性ホルモンの影響により、妊娠・出産の時期に起こる場合もあります。

 

腱鞘炎~手首の痛み~

  • 出産後に腱鞘炎が起こる場合も多いです。
  • 腱鞘炎も鍼灸で対応できます。
  • 妊娠や出産の時期には腱鞘炎が生じることがあります。
  • 女性ホルモンの変化も要因として考えられています。
  • 親指付け根の手首部分が痛くなる「ド・ケルバン病」という腱鞘炎があります。
  • 「ド・ケルバン病」は出産後の方に非常に多いです。
  • 腱鞘炎に対しても鍼灸治療で対応できます。

 

更年期障害

(編集中)

更新日:

Copyright© 郡山市の鍼灸院 | はりきゅう今泉治療院 , 2019 All Rights Reserved.