筋肉・関節から不妊、難聴まで。幅広く鍼灸で対応する郡山市の鍼灸院。

郡山市の鍼灸院 | はりきゅう今泉治療院

スポーツによる症状の鍼灸|郡山の鍼灸院|はりきゅう今泉治療院

当院では、スポーツ障害にも対応しています。

鍼灸で対応できるスポーツ傷害

鍼灸で治療できる部位

基本的には部位で「治療できる・治療できない」ということはありません。どの部位でも鍼灸で対応できます。「肩は治療できるけど、膝はできない」のように部位だけで決まるものではありませんので、どの部位でもご相談下さい。

具体的な部位と症状

当院で治療することの多い症状は以下の通りです。

  • 肘・・・野球選手の肘痛(投手、内側の痛みが多い)、ラケットスポーツ等の道具を握ることの多い種目の肘痛(外側が多い)
  • 膝・・・靭帯炎(捻挫によるもの、オーバーワークによるもの等)、オスグット(程度によっては非常に治療が難しいです)
  • 足首・・・捻挫、アキレス腱炎
  • 殿部から大腿部・・・筋疲労による痛み

治療できない場合もあります

  • 骨折
  • 靭帯断裂・・・断裂の程度が大きいもの
  • 大きな筋断裂

これらの場合は、基本的に鍼灸では治療できません。この場合は病院を受診して下さい。

ただし、

  • 軽度の靭帯断裂
  • 軽度の筋断裂

であれば、鍼灸で痛みを治癒促進や痛みの緩和が期待できます。「軽度」かどうかの判断は難しいので、一度ご相談下さい。

 

スポーツ傷害に対する鍼灸治療

治療方法

  • 鍼通電療法
  • テーピング等による固定
  • 休息(一定期間は練習を休む)

鍼通電療法

鍼通電療法とは、鍼に弱い低周波の電気を流して、鍼の効果を増す手法です。

中高生くらいの年代の場合、刺激に敏感なことがあります。その場合は通電なしで治療したり、鍼でなく表面電極で通電するなど、刺激の強さを調節して治療をおこなっています。

テーピング等による固定

傷めた部位に負荷がかかると治癒が遅れるので、テーピング等で圧迫固定する場合もあります。

休息

  • 傷めている部位を保護するため、一定期間休む必要があります。
  • 「休めないけど治したい」というご相談は非常に困ります。

 

回数・期間

  • 治るまでの回数と期間は、傷めた部位の状態によって異なります。
  • 当院では、初回で診ただけでは、治癒までの期間・回数を言い当てることはできません。そういうことを求める(=試合までの期間が迫っていて急いでいる等)場合は、その種目のスポーツ傷害に詳しい治療院をお尋ね下さい。
  • 基本的に、スポーツ傷害の場合は、あまり間をあけずに頻回に治療したほうが早く改善します。

 

更新日:

Copyright© 郡山市の鍼灸院 | はりきゅう今泉治療院 , 2019 All Rights Reserved.