肩こり、腰痛から不妊、難聴まで。幅広く鍼灸で対応する郡山市の鍼灸院。

当院で行う鍼灸施術の手順

 

当院の施術手順をご説明します。

step
1
予約

  • 当院は完全予約制です。ご予約のうえご来院ください。
  • 電話だけでなく、スマホやパソコンからの予約も受け付けしています。
    LINE・Facebook・Twitterのメッセージからも予約できます。

 

 

step
2
予診票の記入

  • はじめてのご来院では、まず予診票へ必要事項を書いていただきます。
  • 治療中の病気や飲んでいる薬についてもうかがいます。 

step
3
問診

  • ベッドのある治療スペースへ移動して、症状についてくわしくお話を伺います。

すぐにベッドへ横になって治療が始まるわけではありません。必ず問診と診察をおこないます。

step
4
診察

  • 状態を確認するため、不具合のあるところに触れたり動かしたりします。
  • 症状によっては、さまざまな検査器具をつかいます。
  • 例えば、関節の動く範囲を測る角度計、手の力をみる握力計、耳の不具合では聴力検査をおこないます。

問診と診察の内容をあわせて「鍼灸で対応できるかどうか」「どのように施術するのが良いか」「何回・何日くらいで良くなりそうか」などの判断をおこないます。

step
5
着替え

  • 当院では、治療を受ける際にTシャツとハーフパンツに着替えていただきます。
  • 患者さん用の衣類を各サイズ用意していますが、ご自分で用意していただいても結構です。
  • ご自分で用意する場合、ゆったりしたもの、伸縮性のあるものが適しています。

step
6
施術

施術を受ける姿勢

  • 施術は「仰向け→うつ伏せ」という順で行うことが多いです。
  • お体の状態に応じて、無理のないようにおこなっています。
    たとえば、「痛みで仰向けになれない」という方には、横向きで施術します。

鍼の施術方法

  • 鍼治療は、鍼を一本ずつ刺す→抜くを繰り返す方法と、鍼を刺したまま留め置く方法(置鍼)があります。
  • 置鍼している鍼に通電したり、ほかの治療機器を一緒に使う場合もあります。
  • 当院では、置鍼した状態で通電をおこなうことが多いです。

step
7
施術終了~お会計

  • 鍼を全部取って治療は終了します。
  • 最後に、普段の生活の注意事項をアドバイスしたり、自宅で行うセルフケアのアドバイスを行うこともあります。   

 

Copyright© , 2019 All Rights Reserved.