予約制|フリーダイヤル(県内のみ)

はりきゅう今泉治療院の【顎関節症の針灸】

顎関節症に対する針灸 はりきゅう今泉治療院
imaizumi

「顎関節症でハリ治療を受けてみたい」
「顎の症状がいつも気になるので、ハリを試したい」
「顎関節にハリが良かったと聞いたので、私もやってみたい」

という方々へ向けて、はりきゅう今泉治療院が、顎関節症の針灸治療についてご説明します。

この記事を読んで「顎の不具合に対するハリ治療がよくわかった!」と納得できた方は、ぜひ予約してハリを受けてみてください。

ネット予約する

8時30分~21時まで
(日曜19時まで・火曜休診)
フリーダイヤル0120-913-728
県外からは024-973-5048

8時30分~21時まで
(日曜19時まで・火曜休診)

顎関節症に針治療が効くのは、なぜ?

  1. 筋肉を柔らかくする
  2. 関節の負担を軽減する
  3. 首肩などの筋緊張をゆるめる

針治療は、顎関節症に対して様々な角度から効果を発揮します。

①筋肉を柔らかくする

針治療は、刺した部位の血管を拡張させて、血流の悪い凝り固まった筋肉を柔らかくほぐします。また、筋肉の伸展受容器を刺激して、過緊張を緩める作用もあると考えられています。

顎関節症は、顎を動かす筋肉が固まっているので、針治療によって筋肉が柔らかくなり、症状が改善します。

②関節の負担を軽減する

顎関節症にはいくつかの種類があり、関節内部の関節円板というクッションに負担がかかっているタイプや、顎関節に変形性関節症が起こっているタイプもあります。

これらの関節の不具合も、元は筋肉の硬さが大きく関係しています。

「①筋肉を柔らかくする」で書いた通り、針治療は筋肉を緩めます。筋肉を緩めると、関節の負担が軽くなり、関節の痛みが軽減します。

③全身のこり・筋緊張をゆるめる

顎関節症の人は、強い首肩こりを併発していることが多いです。

また、全身の姿勢をみると、股関節や太ももの筋肉が硬く、前屈み気味の姿勢によって全身の筋肉が凝り固まっている人も多いです。

「首肩こり」や「全身の筋肉の硬さ」を残したまま、顎だけ筋肉を緩めようとしても、なかなか硬さが取れません。

はりきゅう今泉治療院では、首肩のコリ、股関節や太もも筋肉の硬さに対しても、針治療行って、一緒にコリや硬さを取り除いています。

顎関節症に対するハリ治療はどのように行うの?

  1. 顎を動かす筋肉を針で柔らかくする
  2. 首肩の硬さを針治療で緩める
  3. 股関節や太ももの硬さをとる

①顎を動かす筋肉を針で柔らかくする

顎関節症の人は、顎を動かす筋肉が硬くなっています。

はりきゅう今泉治療院では、側頭筋、咬筋、外側翼突筋、内側翼突筋に対して針を行って緩めています。

側頭筋と咬筋

側頭筋

側頭部の広い範囲についている筋肉です。

側頭部から頬骨付近にある、角孫、太陽、上関などのツボに針を行って、側頭筋の硬さを取っています。

咬筋

咬筋は顎の外側についている筋肉です。大迎、頬車などのツボでほぐします。

顎関節症の針灸のツボ
側頭筋と咬筋
はりきゅう今泉治療院

外側翼突筋

外側翼突筋は、下顎骨の裏にあり外から触れることはできません。

口を開くと骨の隙間が生じて、外からアプローチできます。

口を数センチ開いた状態で、耳の前にある下関(げかん)というツボからハリを行います。

顎関節症の針灸のツボ
外側翼突筋
はりきゅう今泉治療院

症状の強い顎関節症では、とくにこのツボが重要です。刺激は強めですが、とても効果的です。

関節円板のスライド運動に関わっている筋肉のため、関節円板の不具合にも効果的という意見もあります。

針治療の後に「来た時より口が大きく開く」「かみしめても痛くない」など、毎回少しずつ変化が感じられることが多いです。

ネット予約する

8時30分~21時まで
(日曜19時まで・火曜休診)
フリーダイヤル0120-913-728
県外からは024-973-5048

8時30分~21時まで
(日曜19時まで・火曜休診)

②首肩の硬さを針治療で緩める

首側面から前の胸鎖乳突筋、首後側から背中の僧帽筋、首側面の肩甲挙筋・板状筋、首前面の斜角筋、頸椎の細かい筋肉(頭半棘筋、横突棘筋、後頭下筋群)など、針を行うべき筋肉はたくさんあります。

1回の施術ですべてはカバーできないので、複数回に分けて順番に施術しています。

顎関節症の酷い側の首肩は、例外なくこり固まっており、首肩の痛みを感じている方も、少なくありません。

針治療の直後に「首が痛くない」とか「首肩が柔らかくなって動かしやすい」と感想を仰る方が非常に多いです。

③股関節や太ももの硬さをとる

股関節や太ももは顎から遠い場所ですが、はりきゅう今泉治療院では「股関節や太ももは、顎関節症に関係がある」と考えています。

股関節や太ももの筋肉が固まって、前傾姿勢になっていて、顎関節症がひどくなっている人が多いです。

全身の様々な筋肉がこっていて、一緒に顎まで固まっている状態だと考えています。

股関節や太ももの硬さを取り除くことで、姿勢が伸びて、全身の筋肉の硬さが緩み、顎周囲の調子もよくなります。

顎関節症のハリに要する回数・期間は?

はりきゅう今泉治療院の施術経験では、3回~5回で改善するケースが多いです。

「針治療は今回初めて」という方も多いので、初回は弱めに施術します。そのため、初回は効果が分かりにくいですが、2回目以降は、毎回何かしら「よくなった」と効果が感じられるようです。

施術頻度は週2回くらいをおすすめしていますが、週1回でも改善しています。週2回の方が早くよくなり、週1回では「3歩進んで2歩下がる」のように、若干改善が遅い印象です。

顎の不具合におすすめのコース

はりきゅう今泉治療院では、顎関節症の治療に対して、症状改善向けの下記コースをおすすめしています。

初回:初診80分6,300円
2回目以降:ハリ65分5,300円

長めの時間を確保して、要所には針通電なども行えるコースで、効率的に治せます。

また、少し短時間のコースもあります。

初回:初診65分5300円
2回目以降:ハリ50分4,200円

これらのメニューは基本的にコリなどの軽い症状やメンテナンス向けですが、顎関節症治療でも一応対応できます。ただし、症状改善向けのコースより効果は劣るので、施術回数や期間は多めにかかるでしょう。

施術の手順
  1. ご予約|ネット予約が便利
  2. ご来院|まず予診票に必要事項をご記入
  3. 問診|症状についてお話を伺います
  4. 診察|動きなどでお体の状態を確認
  5. 施術|通常は仰向け→うつ伏せで施術、横向き寝の場合もあり
  6. 施術終了
はりきゅう今泉治療院の所在地
  • 郡山市久留米5-111-34
  • 郡山駅の南西4km/郡山市役所の南2.7km/郡山警察署の西1.9km/五百淵公園の南西1.1km
はりきゅう今泉治療院の所在地
診療曜日と時間
  • 月水木金土 8時30分~13時/14時~21時
  • 日曜日 8時30分~13時/14時~19時
  • 休診 火曜日

ここまでの説明で「顎関節症を針灸で改善したい」という方は、はりきゅう今泉治療院を予約して、施術を受けてみてください。ご予約はネット予約が便利です。

記事URLをコピーしました