肩こり、腰痛から不妊、難聴まで。幅広く鍼灸で対応する郡山市の鍼灸院。

不妊症の鍼灸|男女とも対応

当院では、不妊症の鍼灸をおこなっています。

当院の行う不妊鍼灸の特徴や、不妊症への施術の目的、頻度と期間、手順と概要などをご説明します。

なお、ページ最下部に予診票(男女別)のPDFファイルを掲載していますので、受診される際はご利用下さい。

当院の不妊鍼灸の特徴

  • 女性の不妊症・男性不妊の両方に対応
  • 不妊症に関するデリケートなお悩みに配慮し、プライバシーを確保した施術室
  • 不妊症に対する科学的な知見を取り入れた施術法

 

女性の不妊症・男性不妊の両方に対応

不妊の原因は男女両方にあり、約半分は男性側にも原因があると考えられています。

当院では女性の不妊症だけでなく、男性不妊にも対応しています。

 

プライバシーを確保した施術環境

不妊症の施術を受ける場合、

「不妊についての話が、カーテン越しに隣の患者さんに聞こえていたら嫌だ」
「知り合いに出くわしたくない」「不妊で通っていることを知られたくない」

と考える方も多いと感じます。

当院は、

  • ベッド1台、完全予約制
  • 施術者1名が一対一で対応

ですので、不妊症に関する話が他の人に聞かれたり、不妊症で通院中であることをお知り合いに知られることがなく、
プライバシーの確保された環境です。

 

不妊鍼灸に関する科学的な知見を取り入れた施術法

当院で行う不妊症の鍼灸は、できるだけ科学的に明確になっていることを利用して、最短での不妊治療卒業を目指します。

 

鍼灸では科学的な研究が進んでおり、男女ともに生殖機能に対する作用も分かってきています。

当院は、そういった知見を利用しながら施術をおこないます。

 

女性の場合

女性の不妊鍼灸について、下記の3点に分けてご説明します。

  • 対象となる方
  • 不妊症に対する鍼灸の目的
  • 頻度と期間

鍼灸の対象となる方

  • 対象:不妊専門の病院へ通院して、不妊治療をはじめている方
  • もちろん、鍼灸は、病院の不妊治療へ悪影響を与えません。

すでに病院で不妊症の原因等を調べる検査を行い、タイミング療法・人工授精・体外受精などを始めている方が対象となります。

病院の不妊治療でなかなか結果が出ないことで、鍼灸を併用し始める方が多いです。

 

施術目的

鍼灸には、以下の作用があります。

  • 卵巣の血流量を増やす
  • 子宮の血流量を増やす

これらの作用を利用して、不妊症に対して下記の目的で鍼灸を行います。

  • 卵巣で質の良い卵を育てる
  • 着床・妊娠しやすい内膜の環境を整える

 

女性の不妊症における頻度と期間

  • 頻度:週1回
  • 期間:3ヶ月間~
  • 頻度は週1回が基本です。年齢や不妊治療の経過によっては、週1.5回や週2回をご提案する場合もあり、ご相談しながら決めています。
  • 卵子の質が変化するには、少なくとも3ヶ月間の期間が必要だと考えています。
  • 病院の不妊治療と並行して、コンスタントに施術を続けます。

病院の不妊治療で体外受精をおこなっている方の場合、採卵結果を確認しながら、鍼灸を行います。

傾向として、年齢が高い方ほど変化が現れるまで長い期間が必要です。

 

男性の場合

男性不妊については、下記の2点をご説明します。

  • 男性不妊に対する施術目的
  • 施術の頻度と期間

施術目的|男性不妊

鍼灸には、以下の作用があることが分かっています。

  • 【作用1】精子濃度の改善
  • 【作用2】精子の運動率の改善
  • 【作用3】勃起機能の改善

これら3つの作用を利用して、
男性不妊に対して、下記の目的で施術を行います。

  • 精子濃度の改善
  • 精子の運動率の改善
  • 勃起障害 EDの改善
  • 射精障害の改善

 

頻度と期間|男性不妊

以下の3つの目的ごとに、頻度と期間をご説明します。

  • 精子濃度の改善
  • 運動率の改善
  • 勃起障害(ED)、射精障害

【精子濃度の改善】における施術の頻度と期間

精子濃度の改善を目的として行う場合、頻度と期間は以下の通りです。

  • 頻度:週1回
  • 期間:約3ヶ月間~
  • 精子が作られるサイクルは約80日間です。
    精子濃度の改善を目的として行う場合、週1回の施術を3ヶ月間続けます。
  • 良い変化が現れた場合、状態を維持するため、同じ頻度で続けます。
    病院の不妊治療中は、基本的に鍼灸も継続します。

 

【運動率の改善】における施術の頻度と期間

運動率の改善を目指す場合、鍼灸の受け方は2通りあります。

  1. 人工授精や体外受精の前、数日以内に施術
  2. 不妊治療中はコンスタントに週1回を継続

精子の運動率は、施術後の数日以内で変化が現れます。

よって、不妊治療の際、人工授精や体外受精の採精を行う数日前に施術を受けることで、効果が期待できます。

しかし、人工授精や体外受精の時だけでなく、普段から運動率が高いほうが当然妊娠の確率が高くなると考えられます。

したがって、不妊治療中は週1回コンスタントに鍼灸を続けることをおすすめしています。

 

【勃起障害・射精障害】における鍼灸の頻度と期間

勃起障害と射精障害に対して行う場合、頻度と期間は下記のとおりです。

  • 頻度:週1回
  • 期間:2~3ヶ月間
  • 概ね1ヶ月ごとに変化を確認し、2~3ヶ月継続します。
  • 良い変化が現れた場合は、効果を維持するために同じペースで施術を続けます。

 

不妊鍼灸の概要|男女まとめて解説

ここでは、女性の不妊症と男性不妊で共通する概要を紹介します。

施術部位と機器

  • 鍼灸の施術部位:足首~太もも、下腹部、腰~お尻のツボ
  • スーパーライザー:首・下腹部で自律神経と血管の通り道に近赤外線を照射
  • その他:鍼通電、電子温灸なども行います。

 

スーパーライザー

 

手順

  • 姿勢:仰向け→うつ伏せの順序
  • 時間:1回の施術で約70分

不妊症以外の症状を同時に施術する場合は、80分~90分程度かかることもあります。

※他の症状を一緒に施術した場合も、料金は一律同じです。

 

予診票

下記の予診票は、女性の不妊症と男性不妊の施術で、初診に書いて頂く予診票です。
記入して持参される方は、印刷してお使い下さい。

女性用予診票

男性用予診票

 

Copyright© , 2019 All Rights Reserved.