予約制|フリーダイヤル(県内のみ)
はじめての鍼灸

針治療は痛い?|ハリが痛くない理由を知れば、安心して鍼灸院に行ける

ハリは痛い? はりきゅう今泉治療院
89ima

はり治療を受けたことがない方は、ハリに対して色々な不安を持っていますよね。

はり治療は痛そう

ハリ治療は痛みで症状をごまかすのかな?

注射も嫌いなのに鍼治療なんて・・・

こういう不安があって、ハリ治療を敬遠している人も多いと思います。

「痛そう・・・」と不安を感じている人に、「痛くないよ」と言っただけでは、納得してもらえないので、一歩踏み込んで【ハリが痛くない理由】を説明してみたいと思います。

痛みの出にくい精密な道具

まず、ハリ治療が痛くないことを、【道具】の面からご説明します。

注射針よりずっと細いから痛くない

太さ・長さの異なる針

はり治療で使う針は、細いステンレスワイヤーを材料にして、つくられています。

日本のメーカーが販売している鍼灸のハリは、一般的には0.10ミリから0.30ミリ。

その中で私達がよく使うのは、0.16ミリから0.20ミリくらいのものです。

髪の毛の太さが、0.05ミリから0.15ミリと言われているので、私達が使っている針は、髪の毛より少し太い程度のものです。

また、ハリ治療を受けたことがない方は、注射とハリ治療を同じイメージでみているようなので、注射針と比べてみましょう。

注射針の太さは、ウェブ検索によりこちらのサイトで調べました。

  • 皮下注射:0.45~0.6mm
  • 筋肉注射、静脈内注射:0.6~0.8mm

皮下注射の細い針でも0.45ミリ、それに対して鍼灸の鍼は主に0.16~0.20ミリです。

ハリ治療は細いハリを使うので注射に比べて痛みもほとんどありません。

痛くなく刺すための針の先端形状

針先端の形

針の先端は、長い歴史の中で細かく様々な形状が試されてきたようです。

現在は、痛みなくスムーズに刺入できる形として、松葉型という形が主流になっています。

さらに、近年では更に技術が進歩して、先端が微妙に丸みを帯びた形の針も作られています。

【参考文献】(針先の図)
尾崎昭弘:Ⅱ鍼;図解鍼灸臨床手技マニュアル,第1版.医歯薬出版,2003.

シリコンで抵抗を減らして痛み軽減

また、鍼治療用の針には、医療用のシリコンを塗布しているものも多くあります。

シリコンは、注射針で使用されているものと同じく、人体に影響のないものです。

シリコンが塗布されることで、抵抗なく滑らかに刺せるため、痛みなどの余計な刺激も生じにくくなっています。

痛くなく刺す技術を持っているのが鍼灸師

ハリ治療を痛くなく行えるのは、ハリそのものだけでなく、ハリを扱う技術にも理由があります。

管鍼法によって、瞬時に皮膚を通過するので「痛くない」

鍼治療が痛くないのは「管鍼法」という技術も関係しています。

管鍼法は、針よりも少し短い管を使って、瞬時にハリを刺す技術です。

この写真は、ハリを刺す前に、皮膚にハリを立てた状態と同じです。

ハリを刺す前の状態で、ハリの頭が数ミリ出ています。

ハリの頭を指で数回叩くと、ハリがすばやく皮膚を貫通して、一瞬で3~4ミリ刺さります。

この方法でなぜ痛みを感じにくいのか、皮膚のつくりの面からご説明します。

針は、皮膚の痛みセンサーを瞬時に通過するので「痛くない」

皮膚は、刺激を感じ取るために、様々なセンサーを備えています。

痛みを感じ取る「自由神経終末」というセンサーは、皮膚の一番表面にある表皮のすぐ下に分布しています。

表皮は厚さ0.1ミリ程度なので、痛みのセンサーは深さ0.1ミリより少し深い位置です。

上で説明した管鍼法を思い出してください。ハリは一瞬で3~4ミリの深さまで刺さります。

痛みセンサーの深さは0.1ミリちょっとですので、針の先端は、一瞬で痛みセンサーの位置を通過します。

ハリを刺すときに痛みを感じないのは、ハリが痛みセンサーの位置を一瞬で通過してしまうからです。

まとめ

  • 針は非常に細い金属でできている。※注射よりずっと細い
  • 針の先端は、痛みが生じにくいように進化してきた。
  • 最近は医療用のシリコンが塗布された針もあり、痛みが生じにくい。
  • 管鍼法という技術により、針が痛みなく皮膚を通過する

このページでは針治療がさほど痛くない理由を解説しました。「ハリは痛みを心配しなくていいんだ。」と安心した方は、引き続き針灸について詳しく読んでみてください。

あわせて読みたい
はりきゅう今泉治療院で対応可能な症状
はりきゅう今泉治療院で対応可能な症状

【編集履歴】
2023年7月19日 針先の形の図を新しく作成したものに変更しました。
2023年6月10日 画像を削除、文章を変更
2023年11月17日 鍼灸ノートからこのページへ記事を移動しました。

この記事を書いた人
今泉洋平
今泉洋平
はりきゅう今泉治療院 院長
1979年生れ。腰痛と椎間板ヘルニアをセルフケアで克服した経験を持っています。秋田大学工学資源学部卒業後、国際メディカルテクノロジー専門学校で鍼灸師の国家資格を取得、2009年はりきゅう今泉治療院を開業しました。患者さんのプライバシーを守りながら、痛みの少ないやさしい鍼灸治療を提供し、疲労・姿勢・老化への独自のアプローチでハリの効果を高めています。また、鍼灸妊活セミナーや美容鍼体験ワークショップなど、鍼治療の普及活動にも積極的に取り組んでいます。
記事URLをコピーしました