はじめての鍼灸

灸の種類|鍼灸を受けた経験がない人向け

投稿日:

鍼灸の「灸」のお話です。鍼灸を受けた経験のない人向けの情報です。

実際には、鍼に比べて灸を治療で行うことは非常に少なくなっています。

灸は、物としても方法としても、希なものが多くなっていますが、それらも含めてご説明します。

モグサの原材料は?

灸を行う際には「艾」という材料を使います。艾は「もぐさ」と読みます。

さて、艾は何から作られているか知っていますか?

艾はヨモギからできています。蓬を乾燥させて、様々な加工を経て艾になります。

艾は、お灸の使い方によって、いくつもの等級にわけられています。

最も等級が高い艾は、葉っぱなどの邪魔な部分は取り除いてあり、

このような姿をしています。

これは、ヨモギのどこの部位でできているかご存知でしょうか?

ヨモギの葉っぱには、裏側に細かい毛のようなものが生えていますが、その毛だけを集めたのが写真の艾です。

 

艾を直接皮膚に置いて使う方法

お灸を皮膚の上に直接置いて使う方法についてご説明します。

透熱灸

我々鍼灸師にとって、お灸の使い方の最も基本的な方法は、艾を皮膚に置いて火をつける「透熱灸」です。

透熱灸用の艾は、余分なものを取り除いてあり、火をつけたときの火力は弱いです。

艾を指先で数ミリ大の円錐形に整え、皮膚の上に乗せて先端に火を付けます。

透熱灸は通常、火をつけたらそのまま燃え尽きるのを待つのですが、火傷しやすいので、現在はあまりこの方法は行われていません

八分灸

では、どうしているのかというと、途中で指で押しつぶして火を消します。円錐状の8分目くらいで消すので「八分灸」といいます。

八分灸の場合は、一瞬だけ「チッ」という感じの熱さを感じます。火傷にはなりません。

灸熱緩和紙

または、灸熱緩和紙というアルミ箔でできたシールを皮膚と艾の間に挟んだ状態でお灸を行います。

これを使うと灸の熱が周りに分散されて、熱さが緩和され火傷も生じません。

 

艾が台座などの上に乗っているタイプ

艾が台座に乗っているタイプのお灸についてご説明します。

お灸と皮膚の間を、物で隔てるので「隔物灸」といいます。

温筒灸

隔物灸で一番ポピュラーなものが写真のタイプです。

一般の方にとってお灸と言えば、これかもしれませんね。

商品としてはせんねん灸が最も有名ですが、同じタイプの製品が他社からも販売されています。

台座の上に艾が乗っていて、台座の下はシール面になっています。

火を付けてシールを剥がし、皮膚に乗せて使います。シールで皮膚に付着するので、落ちる心配もありません。

写真のタイプは、円盤状の台座に艾が付いているように見えますが、実は台座の中心部に穴が空いていて、艾が燃えた際の輻射熱が皮膚に伝わります。

灸の火力はいくつか種類があり、一番弱いものであればほとんど火傷の心配もありません。

生姜灸

スライスした生姜に艾を載せて使う「生姜灸」という方法があります。

昔家庭でお灸をする際は、生姜灸のような方法が行われていたと思われます。

他にも、ニンニクを使う「ニンニク灸」、味噌を使う「味噌灸」など、様々な方法があります。

その他の灸

棒灸

棒灸は、艾を固く棒状にして周囲を紙で巻いたものです。

先端に火を付けて、皮膚から数センチ程度に近づけて使います。

輻射熱でたいへん気持ちいいですが、煙が多く出るので、これを使う治療院は少ないです。

灸頭鍼

灸頭針は、刺した鍼の頭にお灸を載せる方法です。

鍼に載せる艾は、予め灸頭針用として適度な大きさにまとめてある製品や、専用の金具を使って載せるものなど様々です。

私の個人的な好みでは、上でご紹介した棒灸をカッターナイフで2センチ長くらいに切って使うと、火力が強くて気持ち良いです。

一見、お灸の熱が鍼を伝わりそうに見えますが、鍼が細いので伝導熱は皮膚までは届きません。

皮膚に伝わるのは、お灸の輻射熱です。

灸頭針も煙が多いので、あまり出番はありません。当院では逆子治療のときだけ使います。

電気を熱源としたお灸

火を使わずに、電気を熱源にしているお灸もあります。

煙がでない、温度が安定している、後始末が不要など、非常に便利です。

多くの鍼灸院で使われています。

 

-はじめての鍼灸

Copyright© はりきゅう今泉治療院の鍼灸ノート , 2019 All Rights Reserved.