ここでは「道具としての鍼の安全性」「鍼灸師の技術的な安全性」「副作用」という3点から、鍼灸の安全性について考えていきます。

まず、結論から申し上げると、

  • 鍼灸の鍼は、薬機法に基づき注射針や採血針と同じ水準で管理されており、道具の安全性は十分に確保されています。
  • 鍼灸師の技術は、法律(はり師・きゅう師)に基づいて、安全な治療を行うための教育を受け、国家試験を合格したものが治療を認められていることから、技術的な安全性が十分確保されています。
  • 副作用については、現時点で最も信頼性の高いドイツの大規模調査によると、鍼灸は安全で重大な有害事象はまれであると報告されています。

以下では、各項目について、個別に説明します。

医療用具としての鍼の安全性

鍼灸治療で使う針は「医療機器」です。これは「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」(薬機法、旧薬事法)に基づいています。

現在、治療で使われるほとんどの鍼はディスポーザブル(使い捨て)です。使い捨ての鍼は、医療機器の「クラスⅡ(管理医療機器)」に入ります。クラスⅡには注射針や採血針がありますので、鍼治療の鍼は、注射針や採血針と同じ水準で管理・規制されていることになります。

日本の鍼メーカーであるセイリン株式会社のウェブサイトや鍼のパッケージ写真を見れば、鍼が安全性と衛生面で厳しく管理された製品であることがよくわかります。

鍼のパッケージの写真
尾崎昭弘(2003)『図解 鍼灸臨床手技マニュアル』医歯薬出版

鍼灸治療の技術的な安全性

鍼治療と灸治療は、それぞれ「はり師免許」「きゅう師免許」の国家資格を持つ者に認められた治療法です。資格取得のための専門学校や大学では、安全な鍼灸治療を行うための知識を学び、実技訓練を行います。

鍼灸師(はり師、きゅう師の免許を持つ者)は、以下の内容を身につけています。

  • 感染予防対策:治療による感染を防止するために、適切に、施術環境、器具、作業法保、手順などを整えること
  • 鑑別診断:患者さんの状態をみて、鍼灸を行うことが適しているかどうかを判断すること
  • 過誤・副作用の予防と対応策:医療過誤(医療ミス)や副作用を予防する施術方法、および医療過誤や副作用が発生したときの対応方法

また、これらの知識を最新のものに更新するため、鍼灸師でつくる各団体は研修会を行っています。

つまり、鍼灸師は資格を取るための教育で、安全な治療のための知識・技術を身につけており、さらに各団体が行う研修により安全のための知識を更新していることから、鍼灸治療の技術面の安全性も十分に確保されているといえます。

副作用(ドイツの大規模調査から)

副作用の発生頻度を示したドイツの大規模調査を紹介します。

2001年から2003年の間に、ドイツで医師9,918名により行われた約50万人の患者に対する400万回を超える治療において、副作用の報告をまとめたものです。

この種の調査は、規模が大きくなるほど出された結論の信頼性が高まります。現時点では、このドイツの調査が数の上では最も信頼性の高い調査です。

ドイツでは診療費償還(健康保険のようなものと思われる)のための報告書に、副作用の有無の欄があり、そこから「副作用あり」の治療を抜き出して、患者に詳細な質問を行う、という方法で調査が行われました。

画像は、全日本鍼灸学会のシンポジウムで発表された内容です。(クリックすると、大きなサイズで開きます。)

矢野忠(2006)「JSAM国際シンポジウム大盛況のうちに終わる!」,『全日本鍼灸学会雑誌』57(2),全日本鍼灸学会

結果として、鍼治療は安全で重大な有害事象はまれである、と結論づけられています。